フリーランスエンジニアなら週3日の稼働でも稼げる?週3稼働のメリットや仕事を持続させるコツを紹介

働き方の多様化が進み、「週3で働きたい」と考えるフリーランスエンジニアも多いのではないでしょうか?

「週5日働くことが普通」と考えられている日本において、週3日しか働かないということは、少し特殊に見られるかもしれません。

また、本業とは別にフリーランスエンジニアとして活動している場合、「週2〜3日の案件を探したい」という人もいるでしょう。

しかし、そもそも週3のフリーランスエンジニア案件は存在するのでしょうか?本記事では、フリーランスエンジニアが週3で働くコツや、案件の獲得方法について紹介します。

フリーランスエンジニアなら週3日だけ働くのも問題ない?

結論からお伝えすると、フリーランスエンジニアは週3で働くことが可能です。近年、世の中のIT化を受けエンジニア不足が叫ばれるなかで、週5の案件はもちろん、週2日以内や週3、4日などの融通の利く案件も増えています。

なかには「フルリモートで週3」など、副業のフリーランスエンジニアでも参画しやすい案件もあります。フリーランスエンジニアは、企業にとって「専門的な知識や技術をもった即戦力」という存在のため、自社で雇用するよりもローコスト・ハイパフォーマンスに期待できるのです。

週3で働くフリーランスエンジニアの収入はどれくらい?

週3しか稼働しない場合、やはり収入が減るだろうと思っている人もいるかもしれません。しかし、フリーランスエンジニアの案件は「時間」ではなく、「職種」や「業務内容」によって報酬が決まるケースも多く、週3しか働かなくても十分稼ぐことは可能です。

以下に、フリーランスエージェントのBizlinkにある、週3の案件の業務内容と報酬をいくつか挙げてみます。

上記はすべて週3日〜で募集されている案件です。1つの案件でこれだけの報酬があれば、週3日ほど仕事をしてあとは他のことに時間を費やすことができますね。

他にも案件をみてみたい人は、こちらのページより「こだわり」の部分の「週3,4日」にチェックを入れて探してみてください。

フリーランスエンジニアが週3で働くメリット

フリーランスエンジニアが週3で働くと、週5などのフルで働くよりも自分の時間が増えることになります。しかし週3で働くメリットは、自由な時間が増えるだけではありません。

ここからは、フリーランスエンジニアが週3で働くメリットを紹介します。 

休みが取りやすい

1つ目のメリットは、平日や休日など、世間の休みとは無関係に休みを設定できることです。自分の用事はもちろん、家族イベントや子供の学校行事にも参加しやすくなり、私生活をより充実させられるでしょう。

ほかにも、混雑する土日を避けて旅行に行けたり、役所が空いている平日に手続きに行きやすくなるなどのメリットもあります。

スキルアップのための勉強時間が取れる

2つ目のメリットは、スキルアップのための勉強時間が取りやすくなることです。週5で働くと、自由に使える時間が限られるため、自然と勉強時間を作るのも難しくなります。

貴重な時間のなかで他のやりたいことを我慢し、勉強時間を作らなければならないときもあるでしょう。フリーランスエンジニアは、会社員エンジニアよりもスキルが重視される傾向にあるため、常に最新の情報をキャッチアップし、スキルを高めていくことは避けられません。

週3で働くと週5で働くよりも時間にゆとりができ、頑張り次第でスキルをさらに高められるようになります。

案件を掛け持ちしやすい

3つ目のメリットは、複数の案件を掛け持ちしやすくなることです。1つの案件が週5であれば、他の案件を受けるのは困難ですが、週3なら週1〜2の案件を受けて収入アップを狙うこともできます。

「1つの案件で高単価が狙えない」というエンジニアや、「高度なスキルを持っていない」というエンジニアは、週3の案件と他の案件を掛け持ちする方法を検討するとよいでしょう。幅広い業務に携わることでスキルアップにつながるケースもあり、できることを増やす経験にもなります。

独立や起業の準備がしやすい

4つ目のメリットは、独立や起業の準備がしやすくなることです。とくに副業の場合、会社員として働きながらフリーランスエンジニアとして案件を獲得し、実績を積むことができます。

副業可の会社であれば、勤めながら個人事業主として開業するのもよいかもしれません。会社員でありながら個人でプロジェクトに参画した経験は、独立する時の手助けになってくれるでしょう。

フリーランスエンジニアが週3で働くコツ

フリーランスエンジニアが週3で働くことは、そこまで難しいことではありません。しかし、いくつかのポイントを知っておかないと「思っていたのと違う……」ということになる可能性もあります。

次の6つのコツを知って、週3の稼働で自由な働き方を手に入れましょう。

短期間で成果が出せる能力を身につける

当然ですが、週5働いて得る収入を週3で稼ぐには、短期間で成果が出せる能力が必要になります。単純に稼働時間が少ないということは、短時間で稼がなければならないということでもあります。

そのため時給に換算したときに、週5よりも週3の方が時給が高い状態でなければなりません。短期間かつクライアントの求めるものより良い成果が出せるエンジニアになることができれば、単価アップにも期待できるでしょう。

週3の案件が多い言語を習得する

一般的に、スタートアップやベンチャー企業でよく使われる「Ruby」「Java」「Swift」「Kotlin」などは、週3日程度の案件募集が多いといわれています。そのため、これらの言語を習得することで、週3で募集されている案件に応募しやすくなるでしょう。

また、スタートアップやベンチャー企業は柔軟な働き方を取り入れているケースも多く、理想条件の案件が探しやすくなると考えられます。

週5の案件から始める

最初から「週3」に限定すると、マッチする案件を見つけられなくなってしまうかもしれません。できれば週5の案件まで幅を広げて探し、条件のすり合わせの際に「週3日希望」ということを伝えましょう。

また、最初は週5で参画し、途中で週3にシフトできる案件もあるかもしれません。条件が良さそうであれば、頭ごなしに避けるのではなく、「条件交渉でどうにかならないか?」と考えてみるとよいでしょう。

稼働日以外の日の状況も把握しておく

たとえ自分が週3しか働かなくても、プロジェクト自体は稼働しているのが一般的です。そのため業務に支障がでないように、自分が稼働していない日の情報もしっかり把握しておきましょう。

週5で業務している人に比べて稼働日数が少ない分、状況を把握していないと業務に支障がでる可能性も。他の人の進捗具合など、「何がどこまで進んでいるのか」を積極的に知るようにしましょう。

自己管理を徹底する

週3で働くフリーランスエンジニアは、時間や健康の管理をおろそかにしないことも大切です。フリーランスになると生活リズムが崩れ、昼夜逆転してしまう人も少なくありません。

昼夜逆転すると体が常にだるくなったり、ダラダラしやすくなることもあります。週3で働くとなれば、週5で働く人に比べてリズムが乱れやすい分、自己管理をしっかり意識して生活することが大切になります。

コミュニケーションを欠かさない

とくにリモートで仕事をするフリーランスエンジニアは、1人の業務が多くなり、他のエンジニアとのコミュニケーションが減りがちです。プロジェクトの進捗を把握するのはもちろん、業務上のミスやズレを防ぐためにも、普段から他のエンジニアとコミュニケーションをとるように意識しましょう。

また、人と話さなくなると気分が落ち込むなど、精神面に影響するケースも少なくありません。精神的な健康維持のためにも、他者との日頃のコミュニケーションは欠かさないことが大切です。

フリーランスエンジニアが週3の案件を獲得する方法

週3の案件獲得にはさまざまな方法がありますが、ここでは以下の4つの方法を紹介します。

  • 求人サイト
  • クラウドソーシング
  • フリーランスエージェント
  • 前職のつながりや友人からの紹介

それぞれ詳しくみていきましょう。

求人サイト

1つ目は、ネット上の求人サイトを利用する方法です。「求人サイト」と聞くと正社員やアルバイトを思い浮かべる人も多いかもしれません。

しかし実は、求人サイトにもフリーランス向けの求人募集が出ていることがあります。フリーランスに特化した『エージェント型』もありますが、求人サイトには経験が少なくても応募できる求人が出ていることも多く、実務経験が少ない人でも利用しやすいのがメリットです。

また、閲覧だけなら登録しなくても使えるサービスも多く、「どんな感じの求人があるのか、見るだけ」という人も時々チェックしておくとよいでしょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、仕事を依頼したい企業や個人が不特定多数の人を相手に業務を発注できるサービスです。代表的なクラウドソーシングには『クラウドワークス』や『ランサーズ』などがあります。

クラウドソーシングには、システム開発だけでなく運用やWordpressでのホームページ・コーポレートサイト作成など幅広い案件があり、登録さえしていれば誰でも応募可能です。

ただし、クラウドソーシングで募集されている案件は比較的単価の低いものが多く、週3で十分な報酬を得るのは難しいかもしれません。本業があるエンジニアの副業として、クラウドソーシングで週3の業務でこなせそうな案件を探す方が現実的といえるでしょう。

フリーランスエージェント

スキルや実績がある程度あり、本格的に週3で生活できる収入を得るなら、フリーランスエージェントの利用がおすすめです。フリーランスエージェントとは、登録しているフリーランサーと企業を仲介してくれるサービスで、営業が苦手な人や案件探しの手間を省きたい人に最適です。

エージェント側で案件探しや条件交渉をおこなってくれるため、エンジニアはスキルや希望を伝えるだけ。一般的なフリーランスエージェントは無料で利用できます。週3の案件を探したい人は、チェックしておくとよいでしょう。

前職のつながりや友人からの紹介

以前の職場から、「業務委託」という形でクライアントや案件が引き継げたり、紹介してもらえたりするケースもあります。これまで働いてきた職場からの紹介であれば、クライアント側もエンジニア側もスキルや実績への不安は軽減されるでしょう。

また、ITエンジニアつながりの友人がいれば、フリーランスになることを相談してみるのも1つです。相談した時すぐに紹介してもらえなくても、ゆくゆく何かの形で声をかけてもらえるかもしれません。

「声をかけるのが恥ずかしい」と感じる人もいるかもしれませんが、案件の獲得は収入に直結するため、勇気を出して相談してみましょう。

週3のフリーランスエンジニア案件を探すならBizlink

フリーランスエージェントはさまざまありますが、週3の案件を探したいエンジニアには『Bizlink』がおすすめです。Bizlinkには週3〜5日はもちろん、週2日以内の案件もあります。

対応している言語も幅広いため、今のスキルを生かすだけでなく、新しく習得した言語の案件に参画してスキルアップを図ることも可能です。

また、Bizlinkの大きな特徴として高単価の案件が多いことが挙げられます。週3の稼働でも十分な収入が得られる案件を多数扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

Bizlinkへの登録はこちらから、無料でご利用いただけます。

まとめ

フリーランスエンジニアは、スキルや実績があれば週3で働くことが可能になります。もし「週3の案件が見つからない」という場合は、週5まで範囲を広げて探してみましょう。契約前に希望を伝えておけば、途中で週3への切り替えができるかもしれません。

週3の案件を探す方法はさまざまありますが、継続的に安定して案件を獲得するならフリーランスエージェントを利用するとよいでしょう。高単価案件を扱うBizlinkなら、週3でもフルで働くエンジニアと変わらない報酬が受け取れる案件探しができます。

「週3の案件を探してみたい」というフリーランスエンジニアは、ぜひご相談ください。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts