フリーランスエンジニアの名刺の必要性|最新のオンライン名刺とは?

フリーランスエンジニアになると、会社に所属している社員として営業する必要がないため、「名刺はいらない」と考える人も多いと思います。

とくに、新型コロナウイルス感染症が広まりリモートワークが一般的になっている今、名刺の必要性を感じない人もいるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、フルリモートであっても名刺は作っておくほうがよいです。本記事では、その理由や作り方について紹介していきます。

フルリモートが増えるなかでも名刺は必要?

フリーランスエンジニアの業務はリモートに移行できるものも多く、実際に現場から離れて働いている人も多くいます。

しかし、案件を獲得するためにはクライアントとのやりとりが必要で、ビジネスにおける初対面の挨拶に名刺は欠かせません。

名刺があることで「どんな人物であるか」の印象を残すことができ、あとから見返して思い出してもらうこともできます。

もしクライアントから名刺がもらえなければ、1回で名前と役職を覚えなければなりません。

あとから確認するのは失礼にあたると感じることもあり、名刺交換しておくほうがお互いにとってもメリットが大きいのです。

また、名刺は身分を証明する役割があるため相手への安心感にもつながり、クライアントにとって「仕事が依頼しやすい人」という印象を残すことができます。

オンラインで名刺交換ができるツールもある

最近では、ウェブ会議の際に使える「オンライン名刺交換ツール」もあります。

オンライン名刺交換は、クラウド上に名刺のデータを登録しておき、作成したURLやQRコードをウェブ会議上のチャットで送り合うというもの。

オンライン名刺交換ツールやアプリを利用することで、オンライン名刺の作成・送信が可能になります。

また、自分だけがオンライン名刺を作成している場合でも、相手に紙の名刺をスマートフォンで撮影して送ってもらえば問題ありません。

ただし現在主流のオンライン名刺は、紙の名刺をスマートフォンで撮影し、データ化するものが一般的です。今後、対面での営業や交流を考えても、紙の名刺を作っておいて損はないでしょう。

具体的なオンライン名刺ツールはのちほど紹介するので、そちらも参考にしてください。

フリーランスエンジニアの名刺の項目一覧

ここからは、フリーランスエンジニアの名刺に載せる項目を紹介していきます。

名刺を作る際に考慮しておきたいのが、渡した相手にどのようなアクションをとって欲しいかです。

  • 「名前さえ覚えておいてもらえればよい」
  • 「どんなエンジニアなのか知ってほしい」
  • 「ポートフォリオを見て欲しい」
  • 「SNSで交流したい」

など、何を目的として名刺を渡すかによって載せるべき項目が異なります。

必須項目と、仕事を増やすために記載しておきたい項目の2つに分けて解説していきます。

必須項目

まず必須項目から紹介します。どれもフリーランスかどうかに関わらず、名刺には欠かせない情報となっています。

名前(屋号)

名刺に欠かせないのが、名前の記載です。フリガナの有無は決まっていませんが、読み方を間違えられやすい名前の人は振っておくとよいでしょう。

フリガナは平仮名でもローマ字でも問題ありません。また、開業届の提出時に屋号を登録した人は、名前の横に記載しておきましょう。

肩書き

「どのような仕事をしている人か」が相手にわかるように、肩書きを記載します。

会社員であれば部長や課長などの役職を書くのが一般的ですが、フリーランスエンジニアには役職がないため、肩書きにも決まりがありません。

一言でわかりやすく伝えるために、「プログラマー」や「システムエンジニア」などの職種を記載しておくとよいでしょう。

また、IT関連の難しい資格を取得している人は、アピールのために資格名を記載しておく方法もあります。

住所

名刺に住所を記載しておくと、信用度が高くなります。ただ、フリーランスエンジニアとして働いている人のなかには「自宅を仕事場にしているから、住所を載せたくない」という人もいるかもしれません。

そのような場合は町名までの記入にするか、名刺を2パターン作っておき、相手によって渡す名刺を変える方法もあります。

また、バーチャルオフィスを契約し、住所のみそちらを利用するのもひとつの手です。

連絡先

今後のやりとりをする手段として、電話番号やメールアドレスなどの連絡先は必ず記載しておきましょう。

プライベートで使う電話と同じ番号を記載する場合、初対面の相手に配るのは抵抗がある人もいるかもしれません。

できるだけ個人情報を載せたくない人は、メールアドレスのみ記載しておき、仕事の話が進んでから電話番号を教える方法もあります。

最近ではSlackやChatworkなどのチャットツールでやりとりする機会も増えているので、IDを載せておくのもよいでしょう。

営業の際にアピールとして使える項目

名刺を効果的に使うときに有効なのが、両面使うことです。片面に上記で紹介した基本情報を記載し、裏面により細かな情報を載せておくことで、あなたがどのような人かがわかりやすくなります。

ここからは、営業力のある名刺作りをするために、アピールとなる項目を紹介します。すべての項目を載せる必要はありませんが、目的に合わせて記載の有無を考えてみましょう。

経歴

フリーランスエンジニアになる前の経歴を記載しておくと、これまでどのような企業で働いてきたかが相手にわかるようになります。

経歴は自分自身を表す価値になるため、とくに有名なIT企業で働いていた人はよい印象をもたれやすくなります。有名企業でなくても、相手の知っている企業であれば話のネタになり、会話が盛り上がることもあるでしょう。

企業名の記載に抵抗がある人は、高度なシステム開発やサイト構築、アプリ開発などに携わった経験を記載しておくとアピールポイントになります。

専門・得意分野

自分の専門や得意分野を記載しておくと、「この人にはこの業務が任せられそう」とイメージしてもらいやすくなります。不得意な分野の受注を避けたり、ミスマッチを防ぎたい場合にも有効です。

また、資格や使用ソフトなどを書いておくのもよいでしょう。

実績

これまで携わってきた業務で、実績として公開できるサービス名やサイト名があれば、記載しておきましょう。

実際にどのようなサービスを作ったのかがわかれば、スキルや知識の判断基準になります。ただし守秘義務がある場合は、実績として公開できないので注意しましょう。

自分で作った営業用ポートフォリオがあれば、そちらのURLを記載しておくのもよいです。QRコードを作成して貼り付けておくと、URLを打ち込む手間がはぶけるので親切です。

アウトプット

もしGithub、Qiita、Zenなどのアカウントがあれば、URLやQRコードを記載しておきましょう。Githubはプロジェクトで使用されることもあり、強みになります。

また、個人で運営している技術ブログやコミュニティなどがあれば、積極的に記載しておくとよいです。後日担当者が閲覧する可能性があり、技術力のアピールとして有効です。

SNS情報

仕事用に使っているFacebookやTwitterなどのSNSがあれば、アカウント名を記載しておくのもよいでしょう。とくにスタートアップ企業などでは、SNS経由での仕事依頼も少なくありません。

また、SNS上のDMでのコミュニケーションはメールよりもカジュアルになるので、距離感を縮めたいときにも有効です。ただしSNS投稿内容は人柄がでやすい側面もあるため、発言には注意する必要があります。

フリーランスエンジニアの名刺デザインの選び方

名刺は営業用のツールなので、あまり時間をかけずサクッと作るようにしましょう。

デザイナーであれば自分でデザインするのがベストですが、それほどデザインが得意でない人は、テンプレートを使うか外注するのがおすすめです。

また、名刺で自分らしさを表現したい人もいると思いますが、あまり個性的すぎるとマイナスな印象を与えてしまう恐れがあるので、奇抜なデザインは避けるのが無難です。

とくに用紙自体が変形したデザインの名刺はアピールにはなるものの、名刺ホルダーに入れづらかったり、遊びのような印象を与えたりする可能性があります。

受け取った相手に情報がわかりやすく伝わるようにシンプルでわかりやすく、少し個性を感じさせるデザインを選びましょう。

もしこだわりを感じさせるのであれば、紙の材質やカービング加工、切り抜き加工など、サイズや情報に影響しない部分で個性をアピールするとよいでしょう。

フリーランスエンジニアの名刺作成方法

ここからは、名刺の作成方法について紹介します。予算や求める完成度にあわせて選びましょう。

自作する

コストをおさえたい人は、自作するのがおすすめです。デザインから印刷まで、すべて自分でおこなうことで安く名刺が作れます。

かかる費用としては名刺用紙代とインク代程度で、無料のテンプレートを利用すればデザイン代もかかりません。

ただし、市販で販売されている名刺用紙は、切り取りやすいようにミシン目が入っていることが多いです。

ミシン目が入っていると、切り取ったあとにふちがギザギザして手作り感が残ってしまいます。手作り感をだしたくない人は、ミシン目のない名刺用紙を選びましょう。

【無料で使えるデザインツール】

ラベル屋さん・・無料でラベルやカードの作成ができるツール。操作画面は直感的に使えて、デザイン後そのままプリントできます。5,000点以上のデザインテンプレートを用意。Web版ならインストール不要で、すぐに利用できます。

Canva・・ロゴやチラシ、名刺のデザインテンプレートが豊富に揃うデザインツール。フォントの変更や画像の挿入など、デザインの自由度が高いのが特徴。おしゃれなデザインの名刺が作りたい人におすすめです。

業者に依頼する

業者に依頼すると、仕上がりがきれいでしっかりとした名刺に仕上がります。

「デザインから依頼する」「プリントのみ依頼する」などの依頼内容によって費用が異なるため、予算にあわせて選ぶとよいでしょう。

最近ではオンラインで手軽に注文ができることもあり、以前より価格は下がっている傾向にあります。

自分でデザインする自信がない人や、プロにすべて任せたい人は業者に依頼するのがおすすめです。

【おすすめの名刺作成サービス】

デザイン名刺.net・・名刺作成専門サイトです。デザインからプリントまでワンストップで注文できます。スピード名刺作成にも対応しており、急ぎのときも安心。会員登録で再注文も可能になり、追加での作成も簡単で便利です。

名刺通販ドットコム・・300以上のテンプレートから選んで印刷注文できる、名刺作成専門サイトです。比較的シンプルなデザインが多く、両面印刷も可能。リピート注文なら10%OFFになるのも嬉しいポイントです。

ラクスル・・名刺以外にもチラシやフライヤー、DMなどの印刷注文ができるサイトです。日本で使われる一般的な名刺サイズのほか、欧米タイプや小型タイプから選ぶことも可能。安価ながらも高品質な仕上がりで人気の高い印刷サービスです。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングを使って、デザイナーにデザインのみを依頼する方法もあります。デザイナーと個人間のやりとりになるので細かい要望が伝えやすく、親身になってくれる可能性が高いです。

値段はデザイナーによってさまざまですが、理想の仕上がりに期待できるでしょう。

名刺をオンライン化できるツール紹介

ここからは、名刺をオンライン化できるツールを2つ紹介します。リモートでの面談や挨拶でスムーズに名刺交換できるように、ぜひ活用してみてください。

Eight

Eightは、法人クラウド型名刺管理ツールシェア率No.1の「Sansan」の個人版アプリです。スマホカメラで撮影した名刺の情報をAIとオペレーターの手入力により、正確にデータ化されます。

人力での入力でありながら、利用料は無料というのもポイントです。アプリ内にはわずらわしい広告などもなく、マルチデバイスからのデータ閲覧も可能。社名や人物名はもちろん、データに紐付くキーワード検索ができます。

Eightの利用には会員登録が必要ですが、ウェブ会議に使えるQRコード付きのバーチャル背景がダウンロードできるなど、名刺管理以外のツールも充実しています。

Wantedly People

ビジネスSNS「Wantedly」が提供する名刺管理アプリです。こちらも利用料は無料で、AIにより複数の名刺を即時データ化してくれます。

1回の撮影で10枚の名刺を同時にデータ化し、連絡帳に追加してくれるという優れもの。スマホの連絡先との同期ができるため、電話番号などを手入力する必要がありません。

通信はSSLで暗号化されているため、セキュリティも安心。PCからのアクセスも可能で、仕事中でも気軽に活用できます。

まとめ

組織に所属していないフリーランスエンジニアは、名刺の必要性を感じない人もいると思います。

しかし、初対面の人から名刺をもらった場合、こちらから渡す名刺がなければ社会人として「失礼な人」と捉えられる可能性もゼロではありません。

リモート対応が増えたとはいえオンライン名刺があることで信頼感が生まれ、印象に残せるようになります。

自分がどのような人かを表現できる名刺を作ったら、案件獲得のためにどんどん営業していきましょう。

好条件な案件をお探しの人は、フリーランスエンジニア向けのエージェント『Bizlink』の利用がおすすめです。扱っている案件は高単価で、専任コンサルタントへのキャリア相談も可能です。

無料登録はこちらから。フリーランスエンジニアとして収入を安定させたい人は、ぜひチェックしてみてください。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts