​​フリーランスエンジニアの始め方!仕事を獲得するまでの流れを徹底解説

プログラミングを学んでいる人のなかには、「フリーランスエンジニアになりたい」と考えている人も多いのではないでしょうか?また、会社員エンジニアとして働いていて、独立してフリーランスになりたいと考えている人もいるかもしれません。

フリーランスエンジニアは自由な働き方にフォーカスされることが多いですが、独立のタイミングを間違えると後悔しかねません。そこで今回は、フリーランスエンジニアの始め方をステップ形式で紹介します。仕事を獲得する方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

フリーランスエンジニアは増えている

求人案件検索エンジン『フリーランススタート』が発表したデータによると、2021年のITフリーランス人口は23.1万人で、前年から15.1%増加しているとのことです。

この背景には、リモートワークの普及や副業の解禁、働き方の多様性が進みつつあることが考えられます。(参考:フリーランススタート 「ITフリーランス人材及びITフリーランスエージェントの市場調査」 2022年版を公開

そもそもフリーランスは、会社や組織などに属さず、個人で仕事を獲得して働く人材の総称です。仕事を依頼する企業や個人を「クライアント」と呼び、フリーランスエンジニアはクライアントから案件を受注して業務に携わるのが一般的です。

フリーランスと個人事業主の違い

よく比較される「個人事業主」という言葉がありますが、個人事業主は『開業届』を出している税法上の呼称です。フリーランスという言葉は、あくまでも働き方のスタイルとして使うものであり、法的な根拠はなく誰でも名乗ることができます。

未経験からでもフリーランスエンジニアになれる?

プログラミングスクールや独学で言語を学び、フリーランスエンジニアを目指している人もいるかもしれません。しかし、プログラミングスクールを卒業しただけで、フリーランスになるのは難しいのが現状です。

というのも、スクールや独学でサイトが作れるようになったとしても、実際の現場で通用するレベルに達していないケースも多いからです。さらに近年ではプログラミングを学ぶ人が多くなったことを受け、「未経験のエンジニア」が増加傾向にあります。

未経験の人でもできる案件は倍率が高く、「案件獲得に苦労する」という声もネット上で多く見られます。未経験でフリーランスエンジニアになるのは、不可能ではありませんが、ハードルはかなり高いと考える方がよいでしょう。

フリーランスエンジニアの始め方!独立までのステップ

フリーランスエンジニアになるために決まった手順は特にありません。しかし、いくつかのポイントをおさえておけば、スムーズにフリーランスとしてスタートできるでしょう。

一例ではありますが、具体的なフリーランスエンジニアの始め方をステップ形式で紹介します。

STEP.1 エンジニアとして1年以上、企業で働く

フリーランスエンジニアは、会社員エンジニア以上にスキルが重視されます。というのも、クライアントとなる企業は「問題なく業務がこなせるレベル」のエンジニアを探しているからです。

フリーランスエンジニアになると、会社員のように働きながら上司や同僚に業務を教えてもらうことはできません。そのため、独立前にIT系の企業へ就職して実務経験を積んでおく必要があります。

なかには独学のままフリーランスエンジニアになる人もいますが、実務経験のあるエンジニアに比べて案件獲得が難しいのは間違いないでしょう。実務経験は、最低でも1年以上が望ましく、3年以上であれば独立後も十分通用するレベルだと考えられます。

STEP.2  副業を始める

安全にフリーランスを目指すためにも、本業でエンジニアとして働きつつ、副業を始めてみましょう。IT系は副業可の企業も多く、就業規則が「副業不可」になっていなければ、フリーランスの基礎を作るチャンスです。

平日の仕事が終わったあとや休みの日にこなせそうな案件を探し、積極的に応募してみましょう。スキルアップのために、本業とは違う言語の案件にチャレンジしてみるのもよいですね。

副業は本業がある状態でおこなうため収入がゼロになる不安もありませんし、「フリーランスの働き方」の体験になります。

STEP.4 独立の手続きを進める

独立の際には、さまざまな手続きが必要になります。

【開業届の提出】

副業が安定してきたら、開業届を出して「個人事業主」 になりましょう。開業届を出さなくても罰則はありませんが、原則「開業日から1ヵ月以内」に税務署に提出することになっています。

開業届をだすことで確定申告の際に『青色申告』ができるようになり、所得税の控除額が増えるなどのメリットがあります。開業届の提出の際に屋号を設定しておけば、事業用の口座開設が可能になり、プライベートと分けてお金の管理ができるようになります。

【退職届の提出】

また、当然ですが職場への退職届も出さなければなりません。法律上、退職日の2週間前までに退職の告知をすればよいとなっていますが、一般的なマナーとしては「1ヵ月前」までに退職届を出すのが望ましいとされています。

フリーランスとして独立するタイミングをしっかり計算し、1ヵ月前には退職希望の旨を職場に伝えておきましょう。

【国民健康保険・国民年金保険の切り替え手続き】

フリーランスエンジニアになると、会社員とは異なる「国民健康保険」や「国民年金保険」に加入しなければなりません。手続きは市区町村役場にて、それぞれ退職日もしくは加入資格の喪失日から14日以内におこなうことになっています。

注意したいのが、「全額自己負担になる」ということです。会社員は会社が保険料をある程度負担してくれる社会保険に加入していますが、フリーランスエンジニアになると全額自己負担になります。

フリーランスエンジニアが加入できる健康保険の種類や、保険料を安くおさえる方法について、こちらの記事で解説しています。あわせてご覧ください。

STEP.5 スキルシートとポートフォリオを作成する

案件に応募する際に必要となる、スキルシートやポートフォリオを作成しておきましょう。クライアントは、「どのようなことが出来るのか」を重視しています。そのため、スキルシートにはこれまで参画したプロジェクトやスキルを詳しく記載しましょう。

フリーランスの履歴書・職務経歴書については、こちらの記事で紹介しているので参考にしてください。また、ポートフォリオは直感的にスキルの証明ができるものなので、技術力をアピールするためにも用意しておきましょう。

企業担当者はGitHubや技術ブログなどもチェックするので、自分のスキルをアピールする場と捉えて、しっかりと作り込んでおくとよいです。

STEP.6 本格的に案件を獲得し、仕事を始める

ここまでのステップが済んだら、案件を探していきましょう。フリーランスエンジニア案件の探し方はさまざまありますが、代表的な方法を以下にまとめます。

【クラウドソーシング】

未経験や経験が浅いエンジニアでも利用しやすいのが、クラウドソーシングです。高度な技術や知識がなくても応募できる案件が多数あり、「まずは案件を受けてみたい」というエンジニアに最適です。

ただし、クラウドソーシングには単価の低い案件も多くあるため、報酬額に気をつけて選ぶことも大切です。とはいえ幅広い業務の募集がされていることと、案件数が多いことから、実務経験を積みたい人にぴったりです。

【フリーランスエージェント】

実務経験があり、本格的にフリーランスとして生計を立てていきたいと考えているエンジニアは、フリーランスエージェントを利用するとよいでしょう。フリーランスエージェントにはスキルに見合った単価の案件が豊富に用意されており、職種やポジションによっては月収100万円など高額案件もあります。

また、求人サイトやクラウドソーシングのように、自ら案件を探して応募する必要がないのもポイントです。フリーランスエージェントに登録すると、専任のコンサルタントとの面談があり、そこでスキルや希望条件を伝えておくと、マッチしそうな案件の紹介が受けられます。

フリーランスエージェントを利用することで、営業活動や案件探しに割く時間と労力がいらず、安定的に収入が得られるようになります。

【エンジニアつながりの紹介】

同僚や友人など、エンジニア同士のつながりで、案件やクライアントを紹介してもらえる可能性もあるでしょう。紹介によって案件が獲得できると営業する必要がなく、さらにミスマッチを防ぎやすいというメリットもあります。

また、なかには退職の際に過去に携わったクライアントの案件を持たせてもらえるラッキーなケースも。真面目に仕事に取り組み、レベルの高い成果物が提供できれば、クライアントからの信頼は厚くなります。

クライアントからの評価がよければ、継続的に案件を発注してもらえる確率が高まりますし、周囲にもよい印象を広めてくれるかもしれません。

【SNS経由】

少しハードルは上がりますが、SNS経由で仕事を獲得することもできます。SNSは、他のエンジニアとの交流や情報発信など、さまざまな使い方ができますが、「集客」として使うこともできます。

なかでもTwitterは、最新情報が流れていたり仕事の募集が流れていたりと、フリーランス活動の味方となってくれるSNSです。クラウドソーシングよりも単価の高い仕事も多く、直接契約になれば手数料も発生しません。

ただし、SNSを運用するには時間と手間に加えて、ある程度の知識が必要になります。また、不特定多数がみる場でもあるので、ネガティブな発言はしないほうがよいでしょう。

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアにスキルが必要なことは前述のとおりですが、「具体的にどのようなスキルが必要かわからない」という人もいると思います。

ここでは、フリーランスエンジニアに必要なスキルを6つ紹介します。

技術力

当然ですが、技術力がなければフリーランスエンジニアとして働くことはできません。とはいえ、「プログラミング言語ができればよい」というものではなく、Web関連やインフラ、インフラ関連などの幅広い知識も必要です。何を自分の強みとするのかを考え、必要な知識を習得していきましょう。

自己管理スキル

リモートで働くフリーランスエンジニアの場合、働く時間や場所に縛りはありません。自由な働き方ができるのは大きなメリットですが、スケジュール管理ができなければ納期に間に合わず、迷惑をかけてしまいます。

ついダラダラして先延ばしにしたり、逆に詰め込みすぎてパンクしたりしないように、体調管理も含めて管理できる能力が必要になります。

コミュニケーションスキル

フリーランスエンジニアには、クライアントやチームの他のエンジニアとのコミュニケーションが円滑にとれるスキルも求められます。

リモート業務であっても打ち合わせや会議などをZoomでおこなったり、SlackやChatworkで進捗を確認したりと、プロジェクトを進めるにあたって必要なコミュニケーションが取れなければなりません。

スキル向上のための意欲

技術の移り変わりの早いIT業界において、最新情報をキャッチアップすることは欠かせません。とくに新しく主流になる言語は、習得している人が少ないケースも多く、早めに学習を始めるとエンジニアとしての市場価値を高めることにもつながります。

常に業界の動向にアンテナをはり、将来的にどのような言語が求められるのかを把握して、スキルアップする気持ちを持ち続けましょう。

フリーランスエンジニアを始めるならBizlink

「フリーランスエンジニアを目指したい」と考えている人は、フリーランスエージェントの『Bizlink』の利用がおすすめです。Bizlinkに登録すると、専任のコンサルタントが自分にあった案件を紹介してくれるため、自ら営業する必要がありません。

また、Bizlinkはハイエンド特化型のエージェントのため、高単価案件が多いのも特徴。専門性の高い案件や他のエージェントにはない職種の案件も多数あります。「どのような働き方がしていきたいか」などのキャリア相談ができるため、今後の方向性を考えながら案件探しができるでしょう。

また、Bizlinkにはフルリモートや常駐からリモートへ移行する案件の求人もあるので、地方でフリーランスエンジニアを目指したい人にもご利用いただけます。無料登録はこちらのページにて、必要事項をご入力ください。

まとめ

フリーランスエンジニアになるためには、さまざまなスキルを身につけなければなりません。しかし、会社や組織、人間関係などに縛りがなくなるフリーランスは、自由を求める人にぴったりな働き方といえるでしょう。

近年では副業からフリーランスエンジニアを始める人も増え、難易度の低い案件は競争率が高いこともあります。市場の需要が高い言語を習得したり、細やかな気配りをするなど、他のエンジニアとの差別化を図ることも意識しつつ、1つずつ準備を進めていきましょう。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts