フリーランスエンジニアの皆さん!スキルアップで仕事の質アップさせませんか?

フリーランスエンジニアという職業においてスキルアップは仕事の幅を広げ、仕事の効率化や収入の増加などのメリットをもたらします。

スキルアップを目指すには、第一にフリーランスエンジニアにはどんなスキルが求められているかを知り、そして求められているスキルを向上させる方法を知る必要があります。

この記事には、その手助けとして必要なスキル、持っておきたいスキル、スキルアップ方法について具体的な例を挙げ紹介しています。自分の現状やライフスタイルなどと照らし合わせながら読むことで、よりスキルアップという意志の具現化を図りましょう。

必要なスキル

フリーランスエンジニアの業務は様々ですが、ここでは案件を受注する際、実際に業務にあたる際に共通して必要といえるスキルを紹介します。

自己管理能力 

フリーランスエンジニアは、企業が通常複数人で請け負う納品までの一連の業務を分業することなく自分一人で行う必要があります。そのため、業務をこなすうえでタスク管理、自身のスケジュール管理といった自己管理能力はフリーランスエンジニアに必要なスキルといえます。

またフリーランスエンジニアが案件を自分で選択することができ、周りの目がない在宅での業務が可能という職業であるために、責任をもって業務を果たすには「自己管理能力」は必要なスキルといえるでしょう。

業務知識の貯蓄 

フリーランスエンジニアには、クライアントが提示する案件に沿ったスキルが必要です。つまり、提示された案件に対応できる「業務知識」を持ち合わせているか否かが案件受注の可否に関係するということです。

求められるスキルは案件によって様々ですが、プログラミングを例に挙げると、基本的な専門用語の知識の他に、案件によっては「C言語」といったプログラミング言語にも対応できる知識が求められる場合もあります。

また、企業では通常、総務部が手続きを行う「確定申告」や、「社会保険」などの公的手続きをも、フリーランスエンジニアは自分自身で行う必要があるため、直接業務内容に関連しないこれらのビジネス知識も蓄えておく必要があるでしょう。

コミュニケーションスキル

このページでは、フリーランスエンジニアとして必要または持っているとよいスキル、そしてそのスキルアップ方法について扱っていますが、スキルを持っているだけでアピールをしなければもちろん仕事にはつながりません。そこで必要となるスキルが「コミュニケーションスキル」です。

このスキルは、自己アピールの他にも、単価の交渉の際にも効率的な案件の受注につながります。このようにコミュニケーションスキルはフリーランスエンジニアという職業において営業力、交渉力となり働くのです。

また、案件受注後も、コミュニケーションスキルがあればクライアントととの連絡をスムーズにとることができるため、業務の効率を上げることができます。

技術力

スキルは持ってアピールするだけでなく実際に仕事で使い、活かすことができなければ意味がありません。そこで必要となってくるスキルが「技術力」です。後にスキルアップ方法のところでも示しますが、クライアントは経験値の高さで技術力を判断します。

そのため、書籍や専門家から知識を吸収するだけでなく、実際にその知識を活かす力を実務経験などの経験を経てつける必要があります。

持っておきたいスキル

ここからは、より仕事の幅を広げ、質を上げるために持っておきたいスキルについて紹介します。

新しい技術 

こちらは具体的なスキル名ではないですが、クライアントの案件は社会の変化、時代の変化に伴い変化していくため、自身もその案件の変化に適応するために新しいスキルの獲得、またすでに持ち合わせているスキルの向上をする必要があるという意味です。

例えば、新型コロナウイルス感染症拡大以前に比べ、拡大以後は在宅での仕事が増え、以前は駐在での業務であったものが在宅での業務の案件に変化したなどです。今、フリーランスエンジニアには何が求められ、何の需要があるかを考え、スキルの獲得、向上に尽力する必要があります。

プログラミング能力 

プログラミング能力はフリーランスエンジニアにとって持っておくべきスキルといえます。しかし、一度そのスキルを獲得したからといって永遠に自分の中に残るわけではありません。

それは、他のスキルにもいえることですがプログラミングは、最初に書いたようにフリーランスエンジニアにとって持っておくべきスキルであるため、プログラミングと関係の薄い業務についているときにも常に自分の中に維持しておくとよいスキルといえます。

資格 

資格は自分がその分野において一定以上の能力があるということをクライアントい証明することができる証拠として働きます。では具体的にはどのような資格があるのか、いかに3つ例を挙げて説明します。

資格名 Linux技術者認定

]LinuxはOSの一種であり、サーバーやアプリケーション、システム開発など様々な分野で使われているため、フリーランスエンジニアが受注する案件の中でも適応力が高いといえます。この資格は世界共通であり、また日本で受験可能ということもあり、人気が高い資格の一つとなっています。

資格名 CCIE

CCIEは実用性の高く、クライアントの信頼も高い資格となっています。またLinux技術者認定資格と同様に国際的に通用する資格であるため、グローバル化が進んでいる現在の日本においてフリーランスエンジニアとして活躍の場を広げるのにうってつけの資格です。

資格名 ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は国家試験であるため、認知度、信頼度ともに高い資格です。エンジニアだけでなく経営コンサルの能力をも問われるため、フリーランスエンジニアという職業において強みとなる資格です。

スキルアップ方法

これまでに必要なスキル、持っておきたいスキルについて書いてきましたが、ここではそれらのスキルアップ方法とそのメリット、デメリットについて紹介します。

スクール 

スクールはスキルアップのために専門家から直接学ぶ場のことです。現在では、オンラインのスクールも増えています。

メリット

スクールには同じスキルを学ぶ仲間に出会えるため、孤独感が少なく、またモチベーションの維持にもつながります。また、専門家に質問をすることができるという点もメリットの一つです。オンラインでのスクールができたことにより、場所や時間を選ばず、自分のライフスタイルに合わせやすいということもスクールのメリットに加わりました。

デメリット

スクールは生徒が複数人いるため、個人の学びたいことと学ぶ内容が完全に一致していないケースがあるということがデメリットとなります。また、他の方法に比べ、高い費用がかかってしまうこともスクールでスキルアップを目指す方法のデメリットの一つです。

セミナー・勉強会 

セミナーや勉強会の数は複数あり、現在ではインターネットやSNSなどを通じてそれらの開催が呼びかけられているます。セミナーや勉強会の情報が載っているサイトにはconnpassTECH PLAYなどがあります。また自分自身がイベントや勉強会の情報を掲載し呼びかけるという方法もあります。

メリット

セミナーや勉強会の他の参加者と情報の交換ができる点がメリットとなっています。また、インターネットやSNS上に複数のセミナーや勉強会の情報が掲載されているため、自分にあった内容や目的、参加費などの団体を選べるというメリットがあります。

デメリット

誰でも簡単に掲載することができ、またセミナーや勉強会に専門家がいるとは限らないために情報、学ぶ内容が本当に正確な情報であるか、各自で判断をしなければならない点がセミナーや勉強会のデメリットといえます。

実務経験

実際にスキルを業務で活かすことによって、経験値を上げ、スキルアップを目指そうという方法です。

メリット

実務経験の有無は、案件受注の際、クライアントが重視する項目の一つであり、スキルアップだけでなく、クライアントの信頼度を上げることができるというメリットがあります。

また、頭で覚える知識に比べ、実際の業務に活かしやすいスキルアップ方法であることも実務経験のメリットです。実務経験先から人脈が広がるということもクライアントの存在が仕事の有無を分けるフリーランスエンジニアにとってメリットになるといえるでしょう。

デメリット

実務経験をするにあたり、受け入れ先を見つけること、受け入れ先と時間を合わせることなどが困難であり、他のスキルアップ方法に比べ実行に移しづらいという点が実務経験というスキルアップ方法のデメリットといえます。

独学

先生を付けることなく自身で書籍やサイトを用い学ぶ方法です。

メリット

各自の目的に合った内容をピンポイントで学ぶことができる点が独学の最大のメリットです。また、時間や場所を選ばず、個人のペースで進めることができる点もメリットといえます。

デメリット

学ぶ書籍やサイト、達成目標、学習計画などすべてを自分で設定しなければならないことが自分のペースは保てる一方で、モチベーションを保ちづらいという点で独学という方法はデメリットといえます。

また、個人での学習となるため、先生や専門家や同じ分野を学んでいる人とのコミュニケーションがとりづらいというデメリットもあります。先生や専門家とのコミュニケーションがとりづらい学習方法はすぐに疑問点を解決できない、自分の知識の誤りに気付くことができないといったデメリットがあります。

まとめ

フリーランスエンジニアとして働いていく上で必要なスキルは技術だけではなく、コミュニケーション能力や他の公的な手続きに関する知識など、多岐にわたることがわかったかと思います。

しかし、必要なスキルが多い分、雇用されて働くスタイルよりも収入が多かったり、時間に融通が利いたりとメリットも多くあります。

フリーランスエンジニアとして自身に必要だと考えるスキルを獲得し、そのスキルを向上させていくことは、受注できる案件の幅を広げるとともに仕事の効率や収入のアップにもつながります。自身の現状を見つめなおし、自身にあった方法を用いスキルアップをすることで、仕事の質アップを目指しませんか。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!