【令和最新】白色申告?青色申告?フリーランスはどっち?

確定申告申告とは

確定申告とは、1月1日~12月31日までの1年を通して得た収入に対して発生した税金を計算して申告し、過不足分を調整する手続きの事を指します。

普段生活している中で、私たちは労働に対しての所得があります。その所得に対して税金が発生し、納税する際に必要な課程が確定申告です。

確定申告が必要となるのが主にフリーランスや自営業の方です。他にも収入の状況によっては例外な場合もあります。

確定申告の際に気を付けなければならないこと

まず、確定申告は申告期限に注意しなければなりません。確定申告は1年中いつでも申告できるわけではありません。申告期限は前年1月1日~12月31日までの集計を2月16日~3月15日までに提出しなければなりません。申告は必ず期限を守って最寄りの税務署に提出するようにしましょう。

新型コロナウイルスによる影響が確定申告にまで及んでおり、2020年(令和2年)からは通常3月15日までの提出期限が4月15日までに延長されています。申告期限は随時チェックしたほうが要と言えるでしょう。

簡易簿記・複式簿記とは

青色申告・白色申告の説明をする前に簡易簿記・複式簿記について知る必要があります。現在は確定申告ソフトを利用することで簿記についての専門知識が不要になりましたが、ワードとして頻繁に出てくるので、最低限どういうものであるかは把握しておくべきです。

複式簿記とは

複式簿記とは「収益」「費用」「資産」「負債」「資本」がどのように変化したかを記載する方式です。複式簿記では2面を表します。たとえば、現金で経費を使った場合、経費が増える、現金の減少、2つの側面があります。

青色申告で最高65万円の青色申告特別控除を受けるためには、この複式簿記での記載が必要です。簡易簿記と比較して記載事項が多く、複式簿記を避ける方もいますが先述した通り、現在は専門的な知識が不要な確定申告ソフトがあるので、節税を真剣に考えている方におすすめな方式です。

簡易簿記とは

簡易簿記は行う事業によって異なりますが、取引のうち売上・仕入・経費など特定事項のみを記載する方法です。複式簿記が取引の2面を表すのに対し簡易簿記では1面のみを表すため簿記の専門的な知識がなくても作成することができます。具体例としてお小遣い帳は簡易簿記に該当します。

白色申告・青色申告ともに簡易簿記での確定申告が可能です。しかし、最高10万円の青色申告特別控除は受けることはできますが、最高65万円の青色申告特別控除は受けることができないので、最大限節税されたい方には向いていません。

簡易簿記では基本的に「収益」「費用」のみを記帳するので、「資産」や「負債」の管理はできません。そのため、一定期間の会社の経営成績を表した「損益計算書」は作成できますが、一定時点の財政状態を表した「賃借対照表」は作成できません。

複式簿記と比較して表計算ソフトなどを活用して容易に作成できるので、副業として開業している方が記帳するクセをつけるためのとっかかりとして向いています。

青色申告と白色申告とは

事業所得や不動産所得がある方が行う確定申告の方法として青色申告と白色申告の2種類があります。世間一般的には青色申告が難しく、白色申告の方が簡単と言われていますが根本的な違いは然程なく事前に準備する書類や特別控除の有無などの違いがあります。

白色申告とは

白色申告は青色申告を申請していない人全てが対象です。青色申告よりも申告が簡易的な為に節税効果が低いこと白色申告の特徴として挙げられます。

白色申告をする際に必要な書類は、1年間の収入・売上原価・経費の内訳などを記した収支内訳書、所得税及び復興特別所得税の確定申告書の2種類あります。

白色申告では項目や合計額を確定申告書にまとめて記載さえしてしまえばいいので日頃の記帳の手間を省く事ができ確定申告に必要な時間を短縮できます。

青色申告とは

青色申告の白色申告との大きな違いとして挙げられるのが「特別控除」の有無です。

青色申告における「控除」とは一定の条件を満たしている場合、所得から一定額が差し引けるという白色申告に比べて正確にお金の流れを申告する事で受けられる恩恵があります。

青色申告を申告する際には「開業届」「青色申告承認申請書」があります。この2つの書類がなければ自動的に白色申告になってしまうので注意が必要です。

青色申告と白色申告のメリットとデメリット

それぞれの申告方法には状況に応じて使い分けが必要です。同じ確定申告でも青色申告と白色申告の差は歴然であり、違いや内容は把握しておくべきでしょう。

ここでは白色申告と青色申告を選ぶ際に参考となるメリットとデメリットをピックアップして解説していきます。

白色申告のメリットとデメリット

白色申告のメリット

白色申告最大のメリットはとにかくシンプルであることです。青色申告には複式簿記(2つの勘定科目を用いてお金の流れとその原因を記録する方法)が必要ですが、白色申告では簡易簿記(1つの勘定科目を用いて目的のみを記録する方法)を使用するので申告が簡単です。

開業時に白色申告を選択して提出していても、その後に白色申告から青色申告に変更することも可能です。初年度や収入が少ない時には白色申告をし、次の年や将来的に収入が増える見込みがあるのであれば青色申告にのちに変更する事も1つの手でしょう。

しかし、ここで気をつけなければならないことは指定された期限内に青色申告するという旨の届け出を提出する必要があるので注意が必要です。

白色申告のデメリット

一方で白色申告のデメリットとして挙げられるのは利益が出ている場合、青色申告では10〜65万円の特別控除が受けられるのに対して利益がない場合にはこの控除を受ける事ができないので注意が必要です。

さらに白色申告では赤字を繰り越す事ができないというデメリットがあり、赤字の場合は税負担が大きくなってしまいます。

青色申告のメリットとデメリット

青色申告のメリット

青色申告の1番のメリットは最大65万円もの特別控除を受けられる事でしょう。この特別控除も大きなポイントですが、他にも所得で赤字が発生した場合に赤字を翌年以降3年間繰り越す事ができるので大きな節税効果が期待できます。

青色申告では家族への給与は専従者給与として全額を経費にする事ができます。白色申告の場合は「生計を1つにする配偶者その他の親族である事」に一致していれば50万円~86万円差し引く事ができ、それに対して妥当性のある金額であれば上限はなく、専従者給与として全てを必要経費にする事ができます。

他にも家事関連費のうち事業相当額を合理的に区分できる金額を必要経費にする事が可能です。自宅を仕事場として兼用している場合、部屋の何割を仕事に利用しているか、何時間自宅で仕事をしているかを明確にすることで必要経費として計上することが可能です。

青色申告のデメリット

青色申告をしようとするその年の3月15日まで(1月16日以降に新たに事業を開業した場合には事業開始から2ヶ月以内)に「開業届」と「青色申告承認申請書」を所轄の税務署に提出する手間があります。この申請の手間は十分デメリットと言えるでしょう。

そして、青色申告承認申請書を提出し受理された後は、それ以降も原則として青色申告しなければなりません。そのため、青色申告を取りやめるにはその年の翌年3月15日、確定申告の期限までに「所得税の青色申告の取りやめ届出書」を提出しなければなりません。

青色申告は税務署の定めたルールのもとで利用が可能な特典が多くあります。その為、ルールを破ってしまった場合のペナルティも存在します。例として、確定申告の提出が遅れてしまったときは本来65万円の控除額が10万円に引き下げられてしまいます。

こういったペナルティが存在するので青色申告の恩恵を最大限受けるために確定申告の期限や期日は必ず守りましょう。

確定申告の書類はどこにあるの?

確定申告の書類は全て税務署に用意されています。また、税務署に連絡して郵送をしてもらうことも可能ですが、1月~3月は繁忙期なので時間がかかってしまうケースが多いです。新型コロナウイルス対策として人が集まる場所に行きたくない方や時間を節約したい方はウェブサイトからファイルをダウンロード・印刷する方法がおすすめです。

これから開業する人には青色申告と白色申告どちらが良い?

青色申告と白色申告の違いはお分かりいただけたと思いますがその使い分けはどうしたらいいのか?結論から言えば個人事業主の場合は青色申告がおすすめです

個人事業主が青色申告をする場合は白色申告よりも手間や時間はかかると思いますが、その手間以上に納税者にとって有利に働く特典があります。また、青色申告でも簡易簿記方式が認められています。その場合、恩恵を最大限受けることはできませんが、白色申告よりは恩恵を受けることができます。

平成24年からは白色申告でも簡易的ではありますが、帳簿の提出が必要です。そのため、青色申告・白色申告にかかわらず、確定申告する際には簿記が必須となっています。税理士を雇うという手もありますが、最近では簿記の知識がなくてもスムーズに確定申告が可能なソフトが存在するので、そちらを使用することをおすすめします。

面倒な確定申告もBizlinkにおまかせ!

フリーランスエンジニア向け案件を多数紹介しているBizlinkでは、ITフリーランス協会と提携して月額5000円〜確定申告サポートを提供しています。

フリーランスエンジニアになったはいいものの事務的な作業が苦手という方でもBizlinkなら案件紹介から確定申告までサポートします。Bizlinkはこちらから簡単に無料で登録することができます。

まとめ

今回は青色申告と白色申告の相違点やメリットとデメリットなどを紹介致しましたが、フリーランスの方である程度収入がある人の場合は特別控除などの複数の特典を有する青色申告がおすすめです。複式簿記など少し手間がかかって難しいというデメリットを加味してもやはり青色申告をするべきでしょう。

青色申告と白色申告どちらにするか迷っていた方はこの記事を参考にして自分に合った確定申告方法を見つけてください。

 

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts