フリーランスエンジニアになって後悔する?【全てはあなた次第です】

「自由を求めて、フリーランスエンジニアになったことを後悔しています。全然仕事がもらえませんし、お金もありません。転職活動をして、会社員になるべきでしょうか。」

フリーランスと聞くと、「ストレスが無くなる・自由・お金に困らない」というイメージがあるのではないでしょうか。実際、そのようなフリーランスはごく一部です。多くの人はフリーランスになって「通勤等のストレスは無くなったけど、お金のストレスが多くなった」と答えています。

しかし、やり方次第では、フリーランスエンジニアになってもストレスなく仕事をすることが可能です。本記事ではフリーランスを目指す上で「やるべきこと」を中心に解説します。

フリーランスエンジニアは後悔する可能性あり

日本の企業は変革時期を迎えており、働き方改革で多くの企業は、働きやすい環境になったと言われています。しかし、社員の声を聞くと実際そうではないという意見も多いです。

  • 定時になると上司に早く帰れと言われる(仕事はまだ終わっていない)
  • 自分の仕事は終わり、後輩の仕事を手伝っていたら上司に「早く帰れ」と怒られた
  • 必要な残業を上司に申告したら「とにかく定時まで終わらせろ」の一言

働き方改革=残業をさせてはいけないという認識は広がりましたが、実際仕事量は減らず、むしろ以前の方がよかったという意見もあります。このような理由から、「働きやすさを求めるためにフリーランスになりたい」という人もいます。

しかし、実際のフリーランス像は多くの人が考えている人ほど甘くありません。会社にいれば給料・社会保険や福利厚生、そして何より会社の看板を背負っているので、クライアントからの信頼はあります。

フリーランスになると0からのスタートになります。「会社を辞めて、自由に仕事をしたい」と思う人はまず、後悔するでしょう。信頼性もなく、実績もなくお金もない状態であれば会社にいる時よりもストレスになる可能性があります。

ではどのようにしていけばいいのか。フリーランスエンジニアを目指すには、「フリーランスになって何がしたいか」を持つことが必須です。

フリーランスエンジニアになるには、目的を持つこと

フリーランスエンジニアになるためには、目的を持つことが大切です。「楽になりたい・自由な時間が欲しい」という理由でフリーランスになってもあとで後悔するだけです。

もちろん、病気になった・何らかの事情で会社勤めができなくなったことでフリーランスに転向する人もいます。そのような人たちは「環境を変えざる負えない」という理由があります。また、病気が理由で働けない人たちは国からの支援金があるので、当面の間は生活可能です。その間にどうすればいいのか考えればよいでしょう。

しかし、闇雲にフリーランスになった人たちは目的がないと仕事をもらう際に困ることになります。クライアントがフリーランスに求めているのは知識やスキルはもちろん、熱意です。その人の持つ個性的な熱意を求めている場合もあるので、ただ楽に生きたいと思うフリーランスは仕事をもらえることができないでしょう。

フリーランスエンジニアになる前にするべき事前準備

目的もきちんとあり、フリーランスエンジニアになると決めたら、まずは事前準備から始めましょう。5つの代表的な質問を5つにまとめました。これからフリーランスエンジニアになりたい人は会社にいる間から準備しましょう。

会社で大きなプロジェクトに関わる

会社で大きなプロジェクトに関わるとメリットがあります。

  • 実績がつく
  • スキル・知識が身に付く
  • マネジメント能力がつく

フリーランスエンジニアは最初はコーティングなどクライアントワークをすることになります。しかし、いずれはWEBのディレクターなどのマネジメントをする立場になるでしょう。

そのような場合、会社で大きなプロジェクトの責任者となり、経験を積んだほうがフリーランスになっても苦労はしません。

スキル・知識は大切ですが、マネジメント能力は経験を積めば積むほど備わる能力です。フリーランスエンジニアを目指している人は積極的に大きなプロジェクトに関わることをおすすめします。

会社を通じて資格を取る

会社に在籍している特権として、エンジニア向けの資格を無料(会社による)で取得することができます。もし、募集があれば積極的に参加し、資格を取りましょう。資格はフリーランスになった後、大きな武器になります。

  • 資格はクライアントにとって安心材料
  • 資格によってできる範囲が変わる
  • 有名な資格を持てば向こうからオファーがくる

資格はクライアントにとって、その人のレベルがわかる証です。「この資格を持っていたら、この仕事は任せされる」という具合に話が早く進む場合があります。また、資格によって仕事の範囲も広がり、結果あなたの市場価値が高まります。

有名な資格を持っていれば、向こうからもオファーがくる可能性があるので、資格は積極的に取っていきましょう。

個人で資格を取る

資格を取るといっても、全ての資格を会社を通して取得することはできないでしょう。例えば、オラクル関連の資格はハイレベルで一定数の人しか受けれないので、会社を通して受けることができない可能があります。

その際は自分への投資ということで、個人で必要な資格を取ることもアリです。特に、マイクロソフト関連・オラクル案件の資格を持つと、フリーランスになった際に自分のポートフォリオ(履歴書)に記載することができます。

駆け出しフリーランスエンジニアにとって頼りになるのは、資格です。資格をたくさん取って、うまく利用すればいきなり高単価案件の仕事をもらえることもあります。

もちろん、フリーランスとしてコツコツ実績を積み上げることも大切ですが、資格は取って損はありません。先行投資と考え、個人で取れる資格は取っておきましょう。

副業可能であれば、個人で実績を作る

勤めている会社が副業可能な会社であれば、副業を通して、個人で実績を作りましょう。個人で実績を作っておけば、フリーランスになった際に有利です。

  • 個人の実績としてクライアントに証明できる
  • すぐに履歴書やポートフォリオを作成できる
  • すぐに高単価案件を受けやすくなる

副業を通して、実績を作ればそれは個人の実績です。履歴書やポートフォリオにも書けるので、資格と同時に大きな武器になります。

また、副業を通して経験を積んでいるとすぐに高単価案件を取ることも可能です。会社で学んだ知識を活かして、副業をしていれば自ずとレベルアップし、副業としてできる範囲も広がります。

副業厳禁な場合は難しいですが、IT関連は一般的に副業に寛容な会社が多いでしょう。副業が可能な場合は、個人のレベルを上げていきましょう。

副業で自分の基盤を作る

副業で実績を作り、副業でお金を稼げるようになったら自分の基盤を作りましょう。フリーランスは知識・スキル・実績を持っていたとしても、すぐに仕事を打ち切られる可能性があります。

事実、副業で会社の給料を超えて、会社を辞めてフリーランスになったら副業の仕事が急に無くなってしまったという人も存在します。

副業を通して、実績や知識を得たとはいえ、油断はしてはいけません。まずはフリーランスとしての基盤を作りましょう。

  • 企業と業務契約をする(出来れば長期)
  • フリーランス仲間を作る
  • 自分の生活レベルを見直す

フリーランスで重要なことは、できるだけ企業と長期で業務契約をすることです。評判が悪い企業でなければ、滞納やすぐに契約を打ち切ることもありません。長期で契約できれば、その分お金の心配はしなくてもよいということです。

フリーランスエンジニアの仲間を作ることも大切です。フリーランスの仲間からはいろいろな情報をもらうことができます。

  • フリーランスの現状・情報交換ができる
  • 良い・悪いクライアントの特徴を教えてくれる
  • 企業やクライアントの紹介をいただく

フリーランスエンジニアの仲間がいると、クライアントや企業の良し悪しの情報が聞けたりするので、今後仕事を受注する際に参考にすることが可能です。

また、仲間内で企業の案件やクライアントの仕事の情報交換もできるので、クライアントや企業を紹介してもらえる可能性もあります。フリーランスしか知らないクライアントも多くいるので、フリーランス仲間は作っておいたほうが良いでしょう。

フリーランスエンジニアに求められるのは「個人の信頼性」

「フリーランスエンジニアで最も求められるものは?」と疑問に思う人もいるでしょう。重要なのは個人の信頼性です。

もちろん、フリーランスとして生きていく上で実績やスキル、知識も必要です。しかし、企業やクライアントが見るところはまず、その人の信頼性です。

その際、フリーランス仲間にクライアントを紹介されることは非常に大切です。信頼されている証だからです。それだけで、クライアントもあなたを信頼して仕事を任せるでしょう。

信頼性があるということは、人間性としても評価されているということです。一般的に人間性が良ければ、他の人からの信頼も厚いです。

フリーランスとして、信頼を作ることは難しいことですが、コツコツと目の前のことをやっていけば必ず信頼はできます。信頼を獲得し、フリーランスとしての地位を高めていきましょう。

フリーランスエンジニアになった後、やるべきこと

フリーランスエンジニアになった後もやるべきことは多くあります。代表的なことを3つに絞ったので参考にしてみてください。

生活レベルをできるだけ、上げない

「フリーランスになって、運良く高単価案件を受注できました。月収100万も夢じゃないんで、贅沢したいです!」という人もいると思いますが、生活水準が上げないほうが良いでしょう。

  • 継続的にお金を稼げるわけではない
  • 突然、収入が下がる可能性がある
  • 税金が跳ね上がる

例えば、一度月収100万になった場合、多くの人は喜んで贅沢したくなるでしょう。しかし、フリーランスとして重要なのは、月収100万をこれからも維持しなくてはならないことです。

単月で100万円稼いでも、次月に仕事がなくなった場合、意味がありません。翌年の税金支払いの際に半分ほどの金額が差し引かれるからです。

そのためには、できるだけ生活レベルを上げないことです。フリーランスは稼げるようになったとしても、いつ仕事が無くなるかわからない世界です。常に危機感を持ちながら行動していきましょう。

安定した収入を確保する

フリーランスエンジニアにとって、重要なのは安定した収入を確保することです。安定した収入とは、長期的な契約を結べる、信頼のあるクライアントと仕事をすることです。そうなれば、精神的にも安定します。信頼のあるクライアントを探すのは時と場合によりますが、下記のことをしましょう。

  • 目の前の仕事をコツコツする
  • 間違った方向に進まない
  • クライアントを大切にする

目の前の仕事をコツコツとすることは当たり前ですが、大切です。特にフリーランスエンジニアにとって一つミスをしたら大問題となります。最悪、二度とそのクライアントから受注がこなくなる可能性があります。

間違った方向に進まないという意味は、詐欺のようなことをしないことです。実績や経歴でウソを書いて、高単価案件を獲得するなど、そのようなことをせずに自分の力で案件を取りましょう。ウソをついても必ずクライアントに見透かされて、信頼は無くなります。

安定した収入を得たいのであれば、上記3つは徹底していくのが良いでしょう。

フリーランスの仲間を増やす

フリーランスは基本的に、孤独との戦いです。会社に属していないので、1人で仕事をして、営業、雑務などを行います。そのため、仲間がいないと精神的に病んでしまう人もいるでしょう。

フリーランスの仲間はいるほうが良いでしょう。仲間がいると、悩みや相談することができ、仕事ももらえる可能性もあります。SNSなどで探すとコミュニティなどがありますので、仲良くなれそうな人を探して、コミュニケーションを図りましょう。

悩みや相談をしたり、聞くことで精神的にも安定するので、フリーランスの仲間はいたほうが良いでしょう。

Bizlinkはフリーランスにとって大きな支えになります

「フリーランスエンジニアとして安定収入が欲しいのですが、エンジニアに特化した仕事を募集しているサイトはありますか?」

Bizlinkはそんなあなたの悩みを解決してくれるサイトです。Bizlinkはフリーランスエンジニアに特化したマッチングサイトです。

  • フリーランスエンジニア向け(未経験でも可能)
  • 言語別で仕事を探せる
  • 高単価案件が多い

有名企業も多いので、安定収入を探しているフリーランスエンジニアにとって、ぴったりのサイトです。なお、登録は「こちら」から無料でできますので、ぜひ登録してみましょう。登録して損はないサイトです。

まとめ

フリーランスエンジニアになって後悔したくない人は、事前準備を怠らないことです。「会社が面倒くさい。自由になりたい」という理由で唐突にフリーランスになってもうまくいかないでしょう。

事前準備をしっかりして、フリーランスとしての信頼・基盤を作って行動していきましょう。目的を持って行動していけば、フリーランスとして生きていけます。

 

 

 

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts