フリーランスプログラマーの仕事内容や案件、求められるスキルとは?未経験でもOK?

個人で活動・仕事をする人のことを「フリーランス」といいます。プラグラム業界においてもフリーランスで活動する人は増えてきています。

しかしフリーランスで働いた場合は企業に所属することとどこが違うのでしょうか?

ここではフリーランスで活躍するプログラマーの実情からメリット・注意点、そして独立コツなども解説していきます。

フリーランスプログラマーとは

そもそもプログラマーとはプログラム言語などを使って機械・システムの開発を行う職種の人を指します。

その中でも、企業に所属をしないで企業からの案件を受注して仕事をする人を「フリーランスプログラマー」といいます。

活躍の場は多岐にわたっているのですが、主に2つの働き方に分かれるのでそれぞれ解説していきます。

独立系

企業・団体といった組織に雇用契約を結ばずに仕事をするのが独立系のフリーランスプログラマーです。

自分のスキルや経験・人脈などを活かして働くので、基本的には本業として働いている人が多いでしょう。

Web計の開発案件はリモートワークを許可している求人も増えつつありますが、一般的にフリーランス案件では企業に「常駐」をして働く案件が中心となっています。

独立系の人の中でも「開業届」を提出して「個人事業主」として働く人もいれば、「法人化」している場合も

副業系

会社に所属しながら副業としてフリーランスプログラマーをしている人もいます。

企業に所属して働いてる仕事は「本業」、そしてフリーランスとして働くのは「副業」と分けているケースです。

この場合のフリーランスの仕事は本業というよりは「隙間時間」を使って行うことが多いでしょう。リモート案件・在宅ワーク案件を「受託」して行う傾向にあります。

働き方や時間の使い方など自由度の高い点がメリットですが、本業よりも報酬単価が高くないことが多いです。

フリーランスプログラマーの実態

年収や単価の相場は?

フリーランスプログラマーとして本業でやっていく人は副業でこなしている人よりも年収は多い傾向にあります。隙間時間ではなく、メインとして使える時間が多いので、自然と年収も上がります。

年収は実績やスキル・状況によっても異なりますが、フリーランスプログラマーは3割が300万円未満で、営業能力が高い人だと1,000万円を超える人もいます。

そして単価においても経験や実績のある人であれば50~60万円が相場のようです。

在宅型よりも常駐型・出向型が多い

フリーランスプログラマーは他の業種よりも仕事上の関係から、常駐型もしくは出向型の人が多い傾向にあります。勤務場所は出向先の会社などに勤務する会社員と同じ場所であることが多いです。

ただしフリーランスプログラマーはあくまで業務を委託されているだけの立場なので、会社に所属している会社員が受けている制約は無関係です。

フリーランスプログラマーのメリット

自分で仕事を選べる

受託する案件を選べるのがフリーランスの大きなメリットといえるでしょう。会社に所属していると、自分の好き・得意な仕事が選べるわけではありません。

基本的に会社指示の仕事は断ることができないからです。

しかし、フリーランスは仕事という形でクライアントとつながる関係性なので、どの仕事を受けるのかは自分で決めることが可能です。

特にIT業界は人手不足である傾向が高いので、比較的仕事を選びやすいのも魅力でしょう

働く場所や時間の制約が少ない

会社に通勤する必要がないので、仕事をする場所も自分で決められます。さらにフリーランスは案件を受託する契約を結ぶことが多いでの、いつ働くのかといったことも自由です。

1日なん時間はたらくか、週に何日働いて何日休むかといった事もすべて自分で管理できるのがフリーランスならではの働き方です。

人間関係の悩みが少ない

仕事の悩みのほぼ半分を占めるといっても過言ではないのが「人間関係」の悩みです。上司・部下・同僚といった人間関係にストレスを抱えて転職を検討している人も少なくありません。

その点、フリーランスで活動する人は仕事に関係のないところでの人付き合いがほぼないので、人間関係で悩むことは会社員の場合よりも少ないでしょう。

さらに案件が終われば関係が終わる関係性であることも多いので、たとえ少し相性の良くない相手だったとしてもその状況がずっと続くことも少ないです。

年収UPも目指せる

フリーランスのデメリットとしても挙げられる「収入の不安定さ」ですが、ポジティブに考えれば収入に上限がないことも意味します。

会社員では「月給」という形で雇用契約を結ぶのが一般的ですが、フリーランスの場合は案件の単価・報酬によって月の収入が変わります。

仕事をしなければもちろん収入は入らないですが、頑張ればその分のインカムが大きいのもフリーランスの特徴でしょう。

先ほども紹介した通り、IT業界は常に人材不足問題を抱えているので、独立をすることで年収が十分に狙える職種ではあります。

また単価の高い仕事を選ぶ・報酬額の交渉をするといったことも可能なのが会社員との大きな違いでしょう。

自分のスキルや実績に見合う年収を目指すことも十分にできるのが魅力です。

フリーランスプログラマーになる際の注意点

先ほど少し触れましたがフリーランスは「収入が不安定」という点ですが、それ以外にもいくつか存在します。すべての人に当てはまるわけではないですが、フリーランスでプログラマーになることを目指す際に事前に知っておくと失敗しにくいことを挙げていきます。

社会的保証が少ない

フリーランスになると、会社員では一般的な社会保険・有給といったものは存在しません。そもそも福利厚生とは会社が社員に対して提供するものなので、会社に所属をしていないフリーランスには関係のないことだからです。

そのため、年金や健康保険料といったものも自分で納める必要があります。その他にも仕事のために必要な交通費と言った経費も自己負担です。

もちろん契約内容によっては経費として申請できるものもあるので、クライアントと相談をしましょう。

そして体調が悪くなった時での保障もフリーランスの場合はないので、働けなければそのまま収入減につながります。

リスクに対する備えも自分であらかじめしておく必要があります。

自己管理は全て自分で行う

働き方・時間・場所などを全て自分で自由に決められるというのは一見するととても良いと感じるかもしれませんが、人によってはそれが難しいこともあります。

自由なことに甘えてしまって、ルーズな生活になってしまうリスクもあります。

そのため、常に時間・お金・体調なども自分で管理しなければなりません。中でも時間管理は、信用問題にもつながるので注意しましょう。

納期に間に合わなないということがあれば、クライアントからの信頼が落ちるだけでなく今後は案件がもらえなくなるといったリスクもあります。

事務作業もすべて自分でこなす

会社であれば、経費・お金関係のことは「経理」、顧客への売り込みであれば「営業」といったように仕事の内容ごとに分けられています。そのため、プログラマーとして働ているのであればこれらの仕事はしなくても過ごせます。

しかしフリーランスはそうはいきません。経費計算・契約書類の作成、確定申告、案件獲得のための売り込みといったものも全て自分でこなさなくてはなりません。

そのため、自分の働く時間が全て収入につながる労働とは限りません。

先ほどの自己管理と合わせて、業務以外に使える時間も確保しておく必要があります。

フリーランスプログラマーとして独立する方法

フリーランス自体は誰でもなれますが、全くの未経験でプログラマーとして活躍することは難しいでしょう。そのため、最低でも1年程度の実務経験があればエージェントを経由して案件を受注することは可能です。

ここではフリーランスプログラマーとして独立するための方法を紹介します。

プログラム言語の勉強をして知識を身に着ける

プログラマーにとって必須なのが「開発言語」です。この言語は独立でも習得は可能ですが、高い専門性が求められるので通信学習やスクールに通うといった方法が最短距離です。

まずは低単価でもいいので仕事を受注する

案件を受注するためには、クライアントから求められないと始まりません。求人募集があっても、自分以外の人も多く募集するからです。

案件や報酬によっては、競争率が激しいこともあります。そのため、未経験者の場合は実績がない分不利になることが多いです。

もし未経験で案件を受注するには、今までの仕事の成果・スキルを別の形で企業にアピールする必要があります。

未経験の人がいきなり大きな案件を受注することは現実的に難しいので、実績作りのためにもまずは小さな案件から始めることをおすすめします。

エージェントに登録して案件をこなす

人脈などが何もない状態でフリーランスを始めた場合、案件を持ってくることは難しいでしょう。

その場合には「エージェント」の活用がおすすめです。プログラマーを募集している企業と仕事を求めているプログラマーを仲介してくれるからです。

エージェントに登録をすると、自分の希望した仕事などにあった企業を紹介してくれるので、紹介された仕事を着実にこなすことで実績を積んでいくことができますす。

ポイント:コミュニケーション能力が求められる

フリーランスはクライアントとの普段からのやり取りが不可欠です。そのため、クライアントと円滑なコミュニケーションをいかにとれるかもポイントになります。

いくらスキルや実績が素晴らしくても、クライアントとうまく意思疎通が取れなければ交渉をしたり仕事を新しく受注することが難しくなるからです。

相手と面と向かって仕事をするわけではないため、クライアントとしっかりとした信頼関係を築くためにもコミュニケーション能力は不可欠です。

まとめ

フリーランスプログラマーの特徴やメリット、注意点、独立・成功するためのコツなども紹介しました。フリーランスプログラマーは年収アップも十分狙える職種なので、デメリットなども知った上で上手に働くことが大切です。

関連記事Related posts