福岡県のエンジニア転職、Uターンや移住した場合の仕事探し・働き方をご紹介

在宅勤務のフリーランスエンジニア

多様な働き方を求める人が増えるなかで、UターンやIターン、もしくは東京などの都心部から地方への移住で「福岡県に住んでみたい」と考えているITエンジニアも多いのではないでしょうか?

最大の都市である福岡市はIT企業の誘致を推進していることもあり、エンジニアにとって働きやすい地域ともいえます。

そこで今回は、UターンやIターンなどを含めた福岡県への移住・転職を検討しているITエンジニアに向けて、福岡県の地域情報や仕事の探し方、エンジニアコミュニティを紹介します。

福岡県の魅力とは?

福岡県の魅力

福岡県のなかでも中心地として有名なのが福岡市ではないでしょうか。福岡市の玄関口、JR博多駅前はバス停・地下鉄ともにすぐ乗り換え可能で、地下鉄に乗れば5分で福岡空港に着くなど、アクセス抜群のコンパクトシティです。

また、JR博多駅周辺にはさまざまな企業のビルや飲食店が立ち並び、駅から徒歩10分の大型ショッピングモールの「キャナルシティ博多」ではレストランやホテル、映画、劇場などのエンターテイメントを楽しむこともできます。

さらに福岡県といえば食べ物が美味しいことでも有名です。福岡名物の辛子明太子をはじめ食通も唸るもつ鍋や、中洲の屋台で食べる博多ラーメンなどの食文化は、日本人であれば一度は味わっておきたいところでしょう。

海と面した県のため自然と都会感のバランスがほどよく、福岡市は住み心地&住みたい街ランキングで堂々の3位と、住民からの評価も高い人気都市となっています。(参考:いい部屋ネット街の住みここち&住みたい街ランキング2021<全国版>

また東京と比べて物価が安いのも魅力で、人気エリアの天神駅や薬院駅がある中央区でもワンルーム・1Kなら5万円〜6万円、ファミリー向けの3LDK・4LDKなら平均17万円が家賃相場となっています。(参考:LIFULL HOME’S

福岡市以外にも北九州市や太宰府市、インスタ映えスポットの多い糸島市など全国的にも有名な都市の多い県のため、近場での旅行を楽しむのにもぴったりです。

福岡県のITエンジニアの平均年収

福岡県のエンジニアの年収

次に福岡県のITエンジニアの平均年収をみていきましょう。以下の表は、2019年の福岡県のシステムエンジニア(SE)とプログラマーの平均年齢や平均月収・年収などをまとめたものです。

平均年齢勤続年数労働時間平均月収平均賞与平均年収
システムエンジニア38.3歳9.7年157時間33万7000円85万2000円489万6000円
プログラマー29.5歳5.1年164時間26万6000円56万9000円376万1000円

(参考:e-Stat 賃金構造基本統計調査

同調査2019年のシステムエンジニアの全国平均年収は568万9000円なので、全国的に見るとやや低い傾向となっています。東京と比べた場合収入は減るものの、家賃や食費などの物価が安く住み心地がよいと考えると、全体的なバランスは取れていると考えられるのではないでしょうか。

また、福岡市ではスタートアップやIT企業の誘致を積極的に進めており、国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」にも指定されています。

市が活動を応援する「エンジニアフレンドリーシティ福岡」では、エンジニアが集まり活躍する街づくりを目指しており、交流拠点でもあるエンジニアカフェでは、イベントへの参加やスタートアップの資金調達などの相談もできます。

また、東京を本社とする大手もしくは老舗のIT企業が福岡に進出し、拠点を移すケースも多く、IT業界でのUターン・Iターンの転職に補助金をだす制度も整っているなど魅力の多い地域となっています。

Uターン・Iターンの補助金に関する詳細は、以下のサイトをご覧ください。

UIJターン就職支援

福岡に住みながら東京の案件で活躍!フリーランスエンジニアという選択肢

コードを書くフリーランスエンジニア

現在の居住地から他府県へ移住する場合、正社員としての転職ではなく、フリーランスエンジニアとして独立する方法もあります。

とくに福岡県は賃料や人件費などが東京に比べて安いことから、ニアショア開発拠点としての求人や案件が探しやすい傾向にあり、フリーランスとして独立して場所に縛られない働き方を検討するのもよいでしょう。

たとえば、東京に本社をおくIT企業のフルリモート案件であれば、出社する必要がないので福岡県の好きな地域を選んで住むこともできます。近年、常駐型からリモート型へ切り替える企業も多く、なかには面接からリモートのみというケースもみられます。

フリーランスエンジニアは正社員と比べて収入面では不安定になりますが、スキルがあれば高単価案件の獲得も可能です。一般的に、フリーランスは正社員よりも収入アップが目指しやすいとされているため、転職や移住を機会に独立を目指すのも良いかもしれません。

福岡県でITエンジニアが仕事を探す方法

フリーランスエンジニアの仕事探し

ここからは、福岡県でのITエンジニアの仕事探しについて紹介します。代表的な仕事の探し方はおもに以下の4つです。

  • 求人サイトで探す
  • エージェントに登録する
  • 元同僚や知人つながりで探す

それぞれ詳しく紹介していきます。

求人サイトで探す

まずは、職探しの王道ともいえる求人サイトです。転職時にハローワークなどに足を運ぶ人も多いですが、遠方の場合はインターネットの求人サイトから検索する方が効率が良いでしょう。

たくさんある求人サイトのなかで、IT系の求人数が比較的多いサイトを2つ紹介します。

転職・求人サイトGreen・・Greenは、IT業界最大級の求人数を扱っている求人サイトです。システム/ネットワーク、Web系、ゲーム系など幅広い職種を探せます。

職種や年収、キーワードからも検索でき、サイト自体が使いやすいのもポイントです。フルリモート案件も多数扱っているので、勤務地を福岡県に指定して検索すると多くの求人がヒットします。

マイナビ転職 エンジニア求人サーチ・・マイナビ転職のエンジニア求人サーチは、大手マイナビの求人のなかでもエンジニアの求人情報に特化した転職サイトです。こちらのサイトでは、マイナビ転職とマイナビ転職エージェントの両方の求人をまとめて探すことが可能です。

福岡県で募集中のITエンジニアの求人数は約1,200件(2022年6月)で、大手リクルートグループのプログラマーやスタートアップ企業のWeb開発業務などがあり、リモートワークを実施している企業の求人も多数あります。

転職エージェントに登録する

最近では、ITエンジニアやWebクリエイター専門のエージェントに登録して転職活動するのも一般的になっています。

エージェントとはキャリアや実績、希望などを伝えておくことで、条件にあった求人の紹介が受けられるサービスです。アドバイザーが併走して転職のサポートをしてくれるので、1人での転職活動に不安を抱える人も安心して仕事を探すことができます。

なお、正社員としての転職を目指している人は転職エージェントを利用し、フリーランスエンジニアを目指す人はフリーランスに特化したエージェントに登録しましょう。

ここでは、福岡県で有名な転職エージェントを2つ紹介します。

福岡転職Plus・・福岡転職Plusは、福岡に特化した地域密着型の転職エージェントです。独占案件も多数登録されているため、福岡で職探しをするなら登録しておきたいエージェントの1つ。

エリアは福岡市・北九州市・久留米市ですが、登録は全国どこからでもオンライン面談が可能です。Uターン・Iターンなどで他県から福岡県へ移住する際の引っ越しのサポートも受けられます。

ACR・・ACRは、福岡県で50年以上の歴史がある老舗の転職エージェントです。地元有業企業とのパイプの太さにより、福岡県でトップクラスの転職支援実績となっています。

他社にはない独占求人も多く、好条件の求人を探せるのもポイント。福岡県に本社を置くIT系企業のフルリモート求人も積極的に扱っています。

元同僚や友人つながりで探す

元同僚や友人に福岡県のIT企業に詳しい人がいれば、相談してみるのもよいでしょう。特に元同僚でスキルや実績を把握してくれている人であれば、スムーズに話が進むこともあるかもしれません。

フリーランスエンジニアとして独立を目指す場合も、正社員時代からのつながりや仕事関係で仲良くなった友人から案件を紹介してもらえるケースも多くみられます。

フリーランスエンジニアになると案件探しで苦労する人も多いので、行動を移す前に少しずつ環境を整えるようにしましょう。

福岡県のエンジニアコミュニティをご紹介

福岡のエンジニアコミュニティ

常にスキルアップが欠かせないITエンジニアにとって、アウトプットのための勉強会や人脈形成のための交流会は貴重な機会となります。ここでは、福岡県のエンジニアコミュニティを3つ紹介します。

EngineerCafe

福岡県を代表するエンジニアコミュニティともいえるのが、官民一体プロジェクトのEngineerCafeです。EngineerCafeでは、もくもく会や勉強会、ミートアップなどを積極的に開催しています。

イベントの開催地は街の中心地、天神の赤煉瓦文化館というオシャレスポット。メンバー数は1,000人以上で、施設にはcafeやbarなども併設されていおり、イベント後の交流会で親睦を深めるのにぴったりのコミュニティです。

Engineer Cafeの詳細はこちら

Fukuoka.rb

Fukuoka.rbは、Rubyを扱うエンジニアのコミュニティです。Rubyに関する作業・読書・質問・LTなどをおこなっています。メンバーは2022年6月時点で約890人。

基本的には、毎週水曜日の夜にミートアップが開催されることが多いです。「福岡県でRubyの話のできる人を集める」を目指すコミュニティのため、RubyエンジニアやWebアプリケーション開発言語のなかでもRubyに興味のある人は、一度チェックしてみるとよいでしょう。

Fukuoka.rbの詳細はこちら

JAWS-UG福岡

こちらは、AWSが提供する「JAWS-UG」の福岡支部のコミュニティです。JAWS-UGは、日本全国にコミュニティがあり、福岡県では600人以上のエンジニアが参加しています。

オンライン開催でのもくもく会をはじめ、AWSなどをテーマにした勉強会も開催中。オフラインでの開催地はイベントによって異なりますが、先ほど紹介したEngineer Cafeを利用するときもあるようです。

JAWS-UG福岡の詳細はこちら

福岡に住みながらフリーランスエンジニアの案件を探すならBizlink

Bizlink

福岡県に移住後、正社員以外の働き方を検討している人は、フリーランスエンジニアに特化したエージェントを利用して案件を探すのがおすすめです。

地方への移住は引っ越してみないとわからないことも多く、事前のリサーチが欠かせません。そこでおすすめなのが、高単価案件を豊富に扱っているBizlinkです。

Bizlinkは、エンジニアの適正価格に近づけた報酬が受け取れるシステムを構築しており、多重構造での中間マージンを一部カットしています。登録時の面談の際に実績や希望を伝えておくことで、スキルや条件にあった案件の提案が受けられます。

また、キャリアアップ制度やITフリーランス協会を通じた社会保障制度なども整っています。登録は無料で、こちらのページで必要事項を入力するだけで完了します。

エンジニア案件以外にもマーケターやクリエイター案件も豊富で、東京を拠点とする企業のフルリモート案件を探すこともできるので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

福岡県は大手からベンチャーまで多くのIT企業があり、エンジニアへの対応も他府県より手厚くなっています。交通網が発達しているため本州や海外への交通の便もよく、自然や美味しい食事、文化やイベントなどの魅力もたくさんあります。

また、福岡県では東京都のような大都市よりもフリーランスエンジニアとして活躍する人はまだまだ少なく、細やかな業務ができるエンジニアは重宝されやすい傾向にあります。

エンジニアコミュニティも多く活発なため、積極的に参加して人脈を広げると仕事に繋がる可能性もあります。コミュニティやエージェントを賢く活用して、福岡県への移住計画を成功させましょう。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts