ネットワークエンジニアのフリーランスの将来性は?案件の探し方も紹介

今や世界中の人々の生活から切り離せない存在となった『ネットワーク』。

すでにネットワークエンジニアとして働いている人のなかには、「フリーランスになりたい」と考えている人もいるかもしれません。

ネットワークエンジニアと一言でいっても、その仕事内容はさまざまです。担当フェーズによって求められる知識や技術は異なり、それにともなって年収にも差がでてきます。

そこで今回は、ネットワークエンジニアの将来性や平均年収、フリーランスになってからの案件の探し方について紹介します。具体的な案件も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークの設計・構築・運用・保守をおこなうエンジニアのことです。

仕事内容

快適な通信環境を構築し、守っていくことが基本の仕事内容となります。それぞれの仕事内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

【設計】

クライアントが求めるシステムをヒアリングし、要件をまとめて設計します。ネットワークの構成や機器の種類や数・回線などを決定したり、コスト計算やスケジュールなども考えます。

【構築】

設計にもとづいてネットワークの構築をおこないます。大規模なシステムなら、構築に数ヶ月かかることもあります。

【運用】

構築したネットワークを運用していきます。安定的に稼働していない部分があれば、手を加えることもあります。

【保守】

トラブルや故障が起きたときには早急に対応することも大切です。そのときどきでトラブル内容は異なるため臨機応変さや、正常にネットワークが維持できるよう対処する能力が必要です。

また、よく混同される職種に『サーバーエンジニア』と『セキュリティエンジニア』があります。

サーバーエンジニアは、サーバーを構築・運用・点検するエンジニアのことで、サーバー同士をネットワークでつなげるのがネットワークエンジニアの仕事となります。規模によっては同じエンジニアが担当することもあります。

一方セキュリティエンジニアは、その名のとおりネットワークに侵入してくる外部攻撃からシステムを守るエンジニアです。クライアントの情報が漏洩しないように、安全なネットワーク環境を維持するのがおもな業務となります。

また、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニア、セキュリティエンジニアなどの総称を「インフラエンジニア」と呼びます。担当業務によって名称は区分されますが、近年では職種間の線引きが曖昧な傾向にあります。

ネットワークエンジニアに将来性はある?

結論からいうと、ネットワークエンジニアの将来性は高いと考えられます。というのもネットワークが今後世の中から消えるということは想像しづらく、むしろ需要は今後も伸びると予想されるからです。

ただしこれからは、自社サーバーのみに対応できるネットワークエンジニアよりも、クラウドサーバーの設計や構築ができるスキルが求められます。

クラウドサーバーの普及によって、AWSやGCP、Azureなどのクラウド環境へ移行している企業は多くなっています。また5Gの実装後、セキュリティを意識したネットワーク構築に遅れがあり、システムや業務に障害が出ているケースも少なくありません。

そのため、これからフリーランスのネットワークエンジニアを目指すのであれば、クラウドサーバーに関する知識や技術を習得しておくと、案件が取りやすくなるでしょう。

フリーランスのネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアは専門性の高い職種のため、さまざまなスキルが求められます。ここでは、フリーランスのネットワークエンジニアに必要なスキルを4つ紹介します。

専門的なネットワークに関する知識

会社員かフリーランスかに関わらず、ネットワークへの幅広い知識は欠かせません。プログラミング言語はもちろん、専門用語や機器の知識や設定方法など、実際に業務するうえで必要なスキルを身につける必要があります。

また、サイバー攻撃に対するセキュリティ対策は以前よりも重要視されています。そのためインフラ・ネットワークの構築だけでなく、セキュリティ構築もできるとよりよいです。

コミュニケーションスキル

クライアントが求める要望を聞き出して把握するための、コミュニケーション能力も必要となります。そもそも、どのようなネットワークが最適かは、クライアントへのヒアリングにより要望を引き出すことで初めて把握できるものです。

要求仕様書がもらえること多いですが、要求仕様書がない場合にはヒアリングや提案書のプレゼンテーションをおこなうこともあり、最低限の会話能力が求められます。

また、ネットワークエンジニアを含むインフラエンジニアは、チームを組んでプロジェクトを進めることも少なくありません。そのため、ほかのメンバーと円滑なコミュニケーションがとれる人材であることが大切です。

ロジカルシンキングスキル

クライアントからの要望を引き出して要件をまとめるためには、複雑な物事を整理するロジカルシンキングスキル(論理的思考力)も欠かせません。

ネットワーク構築業務ではもちろん運用や保守業務をおこなう場合でも、急なトラブルに迅速に対応しなければならない状況がでてきます。万が一、不具合が起きた場合に、目の前で起きている状況を頭のなかで整理して原因を究明し、冷静に対処する必要があります。

マネジメントスキル

フリーランスになると、会社員のように「周りからマネジメントされる」ということは基本的にありません。受けた案件はスケジュールをしっかり見積もり、納期日から逆算して日程を組んでいくこととなります。

また、自分自身をマネジメントする以外にも、チームリーダーやプロジェクトマネージャーを目指したい場合、管理職や上流工程の仕事に関連するマネジメントスキルが必要となります。

フリーランスのネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアのフリーランス案件は、開発系の案件に比べるとリモートは少ない傾向にあります。基本的には常駐案件がメインとなるため、「フリーランスになるなら、フルリモート案件しか受けたくない」と考えている人には不向きかもしれません。

ただし、リモート案件がまったくないわけではありません。なかにはネットワーク設計をリモートでおこなっているネットワークエンジニアもいるので、自分の希望に合わせて案件を探してみるとよいでしょう。

また会社員エンジニアであれば、社内でのポジションによって給料が決まりますが、フリーランスになると単価報酬によって収入が変動します。単価報酬は案件によってさまざまで、担当フェーズによって大きく異なります。基本的には経験年数が長く、上流工程に近いほど年収は上がる傾向にあります。

転職サイトのdodaが調査したところによると、ネットワークエンジニアの平均年収は433万円程度とのこと。類似職種のサーバーエンジニアやセキュリティエンジニアとの収入に大きな差はありません。

(参考:平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

ネットワークエンジニアのフリーランス案件例

以下に、高単価案件を豊富に扱っているBizlinkのフリーランス案件を一部紹介します。

  • ネットワーク構築の受託会社の社内NWの設計・構築・運用:60万円/月
  • データセンターのネットワーク構築:55万円/月
  • インフラネットワーク運用チームリーダー:90万円/月

このように、業務内容によっては平均年収を大きく上回る案件もあります。独立する前の段階で経験や実績、スキルが十分にあるエンジニアは月収100万円を目指すことも可能です。

フリーランスはスキルが特に重要視されるため、これまでの実績を踏まえてキャリアアップを狙うのもよいでしょう。

フリーランスのネットワークエンジニアに役立つ資格4つ

基本的に、フリーランスのネットワークエンジニアになるために必要な資格は特にありません。そのため、資格を持っていなくても独立することは可能です。

しかし、ネットワークにはさまざまな資格があり、取得しておくことでスキルや知識の証明となります。資格取得のために知識を増やし、体系的にネットワークを勉強することで、ネットワークエンジニアとしてのレベルをあげることができるでしょう。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリストは、 独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)が主催している試験で、国家資格となっています。

合格することでネットワーク分野におけるスペシャリストであることの証明となりますが、IT系国家資格のなかでもっとも高難易度の『スキルレベル4』に相当します。

高度区分のなかでも歴史の古い試験で、ネットワークシステムやネットワークサービスに関する専門知識を要します。トップレベルの難しさのため合格率はかなり低く、令和3年度春期の合格率は12.8%でした。

(参考:令和 3 年度春期 ネットワークスペシャリスト試験合格発表 分析コメントと今後の対策

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、情報処理推進機構(IPA)が認定している情報処理技術者試験の区分のなかで『スキルレベル2』に該当します。こちらも国家資格です。

名前のとおり、IT業界で働くための基本の知識を要する試験です。プログラミングやネットワークなどの基礎知識はもちろん、ロジカルな思考ができるかどうかも問われます。

また、技術面だけでなく経営戦略やプロジェクトマネジメントに関する問題もあり、キャリアアップを目指すなら取得しておきたい資格の1つです。

CCNA(Cisco Certified Network Associate)

CCNAは、世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社『シスコシステムズ』による技術者認定です。ネットワークエンジニアの入門資格ともいわれる資格で、ネットワークに関する幅広い知識が必要となります。

たとえ実務経験があるエンジニアでも無線技術やセキュリティ、AIやIoTなど、経験したことがない分野の問題が出題されるため、しっかりと学習時間を確保する必要があります。

CCNP(Cisco Certified Network Professional)

CCNPは上記のCCNAと同じ、シスコシステムズ社が主催している技術認定です。CCNAより1つ上位に位置する資格で、大規模ネットワークの導入や運用、保守などの技術保有の証明となります。

また、以前はCCNAの試験に合格することがCCNPの受験資格でしたが、前提条件の改定によりその必要はなくなりました。未経験でもCCNPの試験を受けることは可能ですが、3〜5年の実務経験を持っていることが推奨されています。

フリーランスのネットワークエンジニアが案件を探す方法3つ

フリーランスのネットワークエンジニアは、会社で働くネットワークエンジニアのように、与えられた業務をすれば良いわけではありません。自ら積極的に案件を探し、獲得することで初めて収入が得られるのです。

案件の獲得方法はさまざまありますが、代表的な案件の探し方は以下の3つとなります。

  • 前の職場や知人からの紹介
  • クラウドソーシングを利用する
  • エージェントに登録する

ITエンジニアが勤めていた会社から独立する際、前の職場つながりで案件をもらうことは珍しいことではありません。そのため、会社員時代にスキルを上達させつつ、周りへの信頼感を与えておくことも重要なポイントとなります。

人脈以外での案件の探し方としては、クラウドソーシングやエージェントを活用する方法があります。クラウドソーシングは気になった案件があれば気軽に応募できますが、単価が安いのが特徴です。

一方、エージェントの利用はハードルが高く感じる人もいるかもしれませんが、案件探しから交渉、契約まですべてサポートしてくれるため、フリーランスの強い味方となってくれます。また、一般的にはどのエージェントも無料で利用できるのも魅力です。

フリーランスのネットワークエンジニアが案件を探すならBizlink

「フリーランスのネットワークエンジニアとして活動していきたい」と考えているエンジニアには、フリーランスエージェントのBizlinkがおすすめです。

Bizlinkにはフロントエンドからバックエンドなど、幅広い職種の案件があり、さらに週2日〜週5日の常駐、リモートなど希望のスタイルに合わせた働き方が可能になります。

一般的なフリーランスエージェントとは異なる仕組みを構築しており、Bizlink内でのステップアップ制度によりさらに高い報酬を目指すこともできます。

登録後には専任のコンサルタントがヒアリングをおこない、エンジニアにぴったりの案件を紹介します。非公開案件も豊富に扱っているので、ぜひご覧ください。

Bizlinkに無料登録する

まとめ

ネットワークエンジニアは、ITエンジニアのなかでも「ネットワークの専門家」としての位置付けとなります。年々増加するサイバー攻撃に対応できるセキュリティの知識や技術をもつことで、さらに自分自身の市場価値や将来性を高めることができるでしょう。

フリーランスになると案件探しに悩むエンジニアも多いため、会社に在籍しているときから独立するための準備を進めておくのがおすすめです。「継続的に案件を探す自信がない」という人や、「大企業案件・高単価案件を獲得したい」という人は、ぜひBizlinkをチェックしてみてください。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts