プロジェクトリーダー(PL)の平均年収や案件例|必要なスキルとは?

開発現場の責任者である「プロジェクトリーダー(PL)」。プロジェクトを進めるうえで重要な役割を担う立場ですが、年収がどのくらいか気になる人も多いと思います。

また、今後プロジェクトリーダーを目指すうえで、具体的にどのような業務に取り組むのかなどの疑問を持っているエンジニアもいるでしょう。

そこで本記事では、プロジェクトリーダーの役割や平均年収、案件例、必要なスキルなどを紹介します。

これからプロジェクトリーダーを目指そうと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

プロジェクトリーダー(PL)の役割とは?

プロジェクトリーダーは、任されたプロジェクトをスムーズに進めるために、さまざまな角度から現場を管理します。

プロジェクトを納期までに円滑に進められるよう、スケジュールを管理したりチームメンバーをフォローしたりと、幅広い役割を担います。

また、業務の効率化やトラブル対応・トラブル防止など、開発現場の問題や課題を解決しつつメンバーを指揮する重要な立場となります。

仕事内容

プロジェクトリーダーの仕事内容は職場やプロジェクトによって異なるため、一概にコレと決まっているわけではありません。一般的な仕事内容は次のとおりですが、状況に応じて業務が変わるため、柔軟に対応できる高度な能力が求められます。

  • 要件定義、基本設計、詳細設計などの上流工程
  • エンジニアへの指示
  • スケジュール管理
  • レビュー
  • トラブルへの対応
  • メンバー管理

システム開発・システム構築が正しく進んでいるかの確認からトラブル対応、メンバー管理など、プロジェクトリーダーは責任者として広範囲を管理する立場にあります。

また、決められた納期までに納品できるよう、メンバーのモチベーションを保つための配慮などもおこないます。

プロジェクトリーダー自身がコードを書くということはあまりありませんが、技術的な責任者としてトラブル時に対応できるプログラミングスキルは不可欠です。

プロジェクトマネージャー(PM)との違いは?

システム開発のプロジェクトでは、プロジェクトリーダー以外にもプロジェクトマネージャー(PM)と呼ばれる管理職があります。

企業やプロジェクトによっては2つの立場を兼任するケースもあり、両者に明確な定義はありません。

あえて違いを挙げるとすれば、プロジェクトリーダーは「現場責任者」として単一の開発現場の管理を担当しますが、プロジェクトマネージャーはメンバーの選定やコスト管理、顧客折衝などの現場以外の部分も含めた責任者となります。

大規模なプロジェクトではプロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーが別々で存在することも多く、この場合はプロジェクトリーダーが補佐的な役割を担うのが一般的です。

どちらもプロジェクトをまとめる立場のため責任は重大ですが、その分、達成感ややりがいを感じられる職種といえるでしょう。

なお、プロジェクトマネージャー(PM)の平均年収については、こちらの記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

プロジェクトリーダー(PL)の平均年収と案件例

次に、プロジェクトリーダーの平均年収をみていきましょう。大手人材派遣・人材紹介企業の「マイナビエージェント」によると、プロジェクトリーダーの平均年収は526万円とのことです。

20代の平均年収は476万円でほかの職種とあまり差はありませんが、30代になると557万円という結果になっています。30代になると経験値も増え、100万円ほども平均年収が上がることが分かります。(参考:ITエンジニアの職種図鑑 プロジェクトリーダー

また、給与所得者全体を対象にした統計調査では、令和3年の平均給与は男性で545万円、女性が302万円なので、30代のプロジェクトリーダーは平均よりやや高年収ということになります。(参考:令和3年分 民間給与実態統計調査

IT需要は今後も増加の一途を辿ると予想されており、さまざまなシステムやサービスの開発現場の責任者という立場から、プロジェクトがある限り需要がなくなるということはないと考えられます。

そのため、プロジェクトリーダーは将来性にも期待できる職種といえるでしょう。

フリーランスエージェントのPL案件例

ここで、フリーランスエージェント『Bizlink』で掲載しているプロジェクトリーダーの案件例をいくつか紹介します。プロジェクトリーダーとしての実務経験があれば、以下のような高額案件の獲得も可能です。

  • 【PL/経験5年】Web開発支援:80万円〜90万円/月
  • 【PL/経験3年】サイトリニューアル:70万円/月
  • 【PM/PL/経験5年】Webアプリケーション:120万円/月

ただし、プロジェクトリーダーになるには、システムエンジニアやプログラマーなどの経験が必須です。ある程度の時間を要することは避けられませんが、実務経験や実力があれば、フリーランスとして興味のある案件に携わることも可能になります。

上記以外にも『Bizlink』では、プロジェクトリーダー向けの高単価案件を豊富に扱っています。ぜひチェックしてみてください。

プロジェクトリーダー(PL)に必要なスキル

プロジェクトリーダーの業務は多岐にわたるため、当然ながら相応のスキルが求められます。年収アップを目指して責任ある立場についたとしても、スキル不足の状態では自分が苦労するだけでなく、周りに迷惑をかけることにもなるので注意しましょう。

ここでは、プロジェクトリーダーに求められる代表的なスキルを紹介します。

リーダーシップスキル

プロジェクトリーダーは、プロジェクトが円滑に進められるようにチームを率い、まとめる立場です。そのため、チームメンバーを正しい方向へと導くためのリーダーシップスキルが欠かせません。

プロジェクトの目標達成はもちろん、より高品質なシステムやサービスを開発するための方向性を示すことも、プロジェクトリーダーの重要な役割の1つです。なお、プロジェクトの規模が大きくなるほどメンバー数も増えるので、個々のメンバーと信頼関係をいかに築くかも重要なポイントとなります。

コミュニケーションスキル

メンバーとの信頼関係構築にも通じますが、プロジェクトリーダーの業務は人と常に関わることになります。そのため、相手の意思を汲み取る力や、自分の伝えたいことを的確に伝えるためのコミュニケーションスキルも必要となります。

場合によっては若手チームメンバーの育成・指導をおこなうこともあるので、「プロジェクトの成果」だけが求められるわけではない点にも注意が必要です。

エンジニアからのキャリアパスとしてプロジェクトリーダーを目指す人が多いと思いますが、今まで以上にコミュニケーションスキルが求められると考えておくと良いでしょう。

問題解決スキル

システム開発では仕様の変更や進捗の遅れなど、計画通りに進まないことも多くあります。そのため思いがけないことが発生した時でも、臨機応変に対応して目の前の課題を解決しなければなりません。

問題解決スキルには技術面だけでなく、想定外のことが起こった時、冷静に対応できるかというメンタル面での強さも含まれます。自分自身だけで考えるのではなく、メンバーと協力して仕事を推し進められるタフさを身につけましょう。

管理スキル

プロジェクトリーダーの大きな役割の1つに、「納期に間に合わせる」という項目があります。全てのプロジェクトで計画通りにいくことはありえませんが、ミスや病欠など不慮のアクシデントの場合は速やかにプロジェクトマネージャーに報告して対策を練らなければなりません。

そもそも工数見積もりに無理がある場合は現場の力だけではどうにもなりませんが、進捗管理の甘さはプロジェクトの遅延につながる大きな要素となります。早急なリカバリのためにも、メンバー同士の状況や進捗の共有・報告を徹底するように働きかけることもプロジェクトリーダーの大切な役目です。

資格があればなお良い

上記のスキルのほかにも、プロジェクトで使うプログラミング言語スキルやシステムインフラ、サーバー、クラウドなどの知識が求められます。最低限の知識やスキルが備わっていることはもちろん、一定以上の基準を満たすためにも資格を取得するのもよいでしょう。

「プロジェクトリーダーになるため」という意味での資格は必須ではありませんが、スキルの証明や、現場での対応能力の向上に資格は大いに役立ちます。

プロジェクトリーダーが取得すると良い資格は、以下のとおりです。

  • 応用情報技術者試験
  • 高度情報処理技術者試験
  • PHP5技術者認定上級試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • PMOスペシャリスト認定資格

また、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーには、「マネジメントスキル」が必要不可欠なため、マネジメントに関する講習会に参加するのもよいでしょう。

前述のとおり、プロジェクトリーダーには資格がなくてもなれます。しかし、もっとも大切なのはリーダーとしての能力を高めるために、自ら積極的にスキルを習得する気持ちです。

プロジェクトリーダー(PL)のキャリアパス

プロジェクトリーダーはシステムエンジニアの上位職種のため、システムエンジニアやサブリーダーを経験したあとで、プロジェクトリーダーに就くケースが多いです。

また、プロジェクトリーダーのその後のキャリアパスとしてプロジェクトマネージャーがあるため、PMを目指す過程でプロジェクトリーダーを経験する人も少なくありません。

プロジェクトリーダーには、次のようなキャリアパスがあります。

  • プロジェクトマネージャー(PM)を目指す
  • ITコンサルタントを目指す
  • ITスペシャリストを目指す
  • フリーランスになる

近年では多種多様な業界でITが必要とされているため、IT業界内での職種も細かく変化しつつあります。そのため、幅広いスキルを身につけることによって、これまでのキャリアパスとは異なる職種を目指す流れも見受けられます。

たとえば、プロジェクトリーダーを経験した後、開発現場の状況が汲み取れるITコンサルタントやITスペシャリストを目指したり、フリーランスを目指すこともできます。

より具体的なビジョンを描くことは目標達成に近づける一歩となるため、プロジェクトリーダーを目指す理由もしっかり考えておくとよいでしょう。

プロジェクトリーダー(PL)のフリーランス案件を探すなら『Bizlink』

将来的にフリーランスを目指したいと考えている人におすすめなのが、エージェントを活用することです。フリーランスとして独立できたとしても、必ず仕事があるとは限りません。

また、企業に所属してプロジェクトリーダーとして活躍してきたとしても、営業できなければ案件を獲得するのは難しいでしょう。また、案件をうまく探せなければ、条件の悪い案件しか見つけられない可能性もゼロではありません。

フリーランスエージェントの『Bizlink』では、専任コンサルタントとの面談時に、実績やスキル、希望条件をお伺いして、条件にマッチした案件を紹介しています。

フリーランサー自ら営業したり案件を探したりしなくてよいので、「独立後に仕事があるか不安」という人にもおすすめです。もちろん独立への準備段階での登録も可能で、案件紹介以外にもキャリア相談や確定申告サポートなどもおこなっています。

気になる方は、ぜひ無料で登録してみてください。

まとめ

プロジェクトリーダーは、プロジェクトを成功に導くために必要な予算や人員、スケジュールなどをプロジェクトマネージャーと共に管理します。プロジェクトの上流工程にいるため年収は高い傾向にありますが、その反面、多岐にわたる仕事内容に対応しなければなりません。

プロジェクトリーダーに求められるスキルは多く高度なものとなりますが、実務経験やキャリアを積みながら時間をかけて目指していきましょう。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts