プログラミング副業の案件内容とは?必要なスキルや単価例も紹介!

プログラミングで副業をしてみたいけれど、会社員エンジニアでは難しいと思っている人は多いのではないでしょうか?
実際は、いま会社員として働いている人でも、プログラミングのスキルさえあれば副業することは可能です。

しかし、実際にどのような案件があるのかや、案件ごとの単価目安などがわからず、一歩踏み出せないという人も多いと思います。

そこで本記事では、プログラミングを使った副業の案件内容や単価目安、稼ぐコツを紹介します。プログラミングスキルを使って副業をしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

プログラミングを使った副業案件の業務内容

プログラミングを使った副業案件には、さまざまな業務があります。基本的に正社員やフルタイムのエンジニアやプログラマーと同じ業務内容ではありますが、副業で取り組むとなれば時間が限られていることもあり、どのような案件を受注するかの判断は慎重におこないたいもの。

そこでまずは、プログラミングを使った副業案件の具体的な業務内容について知っておきましょう。

Webサイト制作

近年では、多くの企業が自社のWebサイトを作って公開しています。そのため案件数は多く、求められるスキルレベルもさまざまです。

Webサイト制作の副業案件にはゼロからサイトを構築するものだけではなく、既存サイトのリニューアルやLP制作などもあり、経験を積みたい方にもおすすめです。

また、Webサイト制作で使うプログラミング言語はHTMLやCSS、JavaScriptなどが一般的で、フレームワークが使用される案件も多くあります。HTMLやCSSは初心者でも習得しやすい言語のため、比較的初心者が取り組みやすい案件が多いのも特徴です。

アプリケーション開発

アプリケーション開発は、おもに「Webアプリ」「スマホアプリ」「ハイブリッドアプリ」の3つに分けられます。Webアプリはブラウザ上で動くアプリのことで、Webサイトの多機能版と考えるとわかりやすいでしょう。

iOSやAndroidなどのスマホにインストールするスマホアプリは、それぞれのデバイスにあわせたプログラミングスキルが求められます。具体的には、iOSアプリにはSwift、AndroidアプリにはKotlinのスキルが必要です。

ハイブリッドアプリはWebアプリとスマホアプリの”いいとこどり”のようなアプリで、Webアプリで使われるHTMLやCSS、PHPなどのプログラミング言語が使われる傾向にあります。

アプリケーション開発はWeb制作よりも複雑で、まったくの初心者から副業案件を獲得するのは困難と言えます。実務経験が2~3年あるなど、ある程度のスキルをもっているエンジニアにおすすめの副業案件です。

業務アプリケーション開発

企業が社内で使用する業務アプリケーション開発案件です。多くは業務を効率化するためのシステムで、「在庫管理ツールの作成」や「顧客情報管理システムの開発」などが挙げられます。

業務アプリケーションシステム開発はWebアプリ・スマホアプリよりも難易度が低い案件も多く、「少し難しい案件にチャレンジしてみたい」という方にもおすすめです。

おもに使われるプログラミング言語はJava、C言語、C#などで、最近ではAI開発に必須とされるPythonが活用されるケースも増えています。

ライティング

ライティング案件は、プログラミングに関する記事を執筆します。おもに企業のWebサイトやブログに掲載する記事を書くことが多く、SEOに関する知識があればより良いです。

SEOは「検索エンジン最適化」と呼ばれ、検索結果で上位表示されるための施策のことです。プログラミングを使ったWebサイト制作やアプリ・システム開発に比べると、1案件あたりの単価は低くなるのがライティング案件のデメリットの一つ。

しかし、ITやプログラミングのライティング案件は専門的な内容が多いため、複雑な内容を噛み砕いてわかりやすく解説できる文章力があれば、単価アップにも期待できるでしょう。

プログラミングスクール講師

近年では子供・大人問わずプログラミングを学ぶ人が増えています。将来性を考えてもプログラミングを学んでおくことは、今後非常に重要な要素となるでしょう。

また、小学校では2020年度、中学校では2001年度からプログラミング教育が必修化されたり、オンラインでのプログラミングスクールも増えたりと、プログラミングスークール講師の需要は以前よりも高くなってきています。

オンラインのプログラミングスクール講師であれば自宅から出ることなく業務できますし、対応時間や日数を調整できるスクールは本業とのバランスも取りやすいでしょう。

プログラミングを使った副業の案件例・単価目安

実際にプログラミングを使った副業案件には、どのような案件があるのでしょうか。

ここでは、フリーランスエージェントの『Bizlink』で掲載している副業案件の一部を紹介します。

使用言語・業務内容・単価をまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

カテゴリ内容報酬(月額)
JavaScript/TypeScript自社新規サービスのフロントエンド業務支援50万円〜70万円
PHP/経験3年以上配置管理システムの保守開発業務〜30万円
PythonAI技術の研究・開発案件65万円〜75万円

Bizlinkではフルリモートや高単価の案件を多く扱っており、副業でもスキルさえあれば十分稼ぐことができます。検索で「週2日以内」や「週3,4日」と指定すると、副業でも対応できる案件が多数ヒットしますので、ぜひこちらからチェックしてみてください。

土日だけでもOK!プログラミングで副業を始めるメリット

多くの業界でIT技術が必要とされる昨今、プログラミングを使った案件はとても豊富です。なかには土日のみ稼働するなどの副業案件もあるので、「少しでもやってみたい」と思っているのであれば、ぜひチャレンジしてみましょう。

プログラミング技術を使って副業を始めると、次のようなメリットが得られるようになります。

収入アップが狙える

本業とは別の仕事をもつことで、自然と収入アップが狙えるようになります。

初心者からプログラミングの副業案件に挑戦する場合、はじめから高単価な案件を獲得するのは難しいかもしれません。

しかし、実績を積んでいけば高単価案件にも応募できるスキルを身につけられますし、新しいことに取り組むなど、より希望に沿った案件を選びやすくなるでしょう。

また、現役エンジニアとして働いている場合は、言語の種類や業務内容によってはすぐに高単価案件を獲得できる可能性もあります。

リモートワークしやすい

プログラミングを使った副業がおすすめの理由の1つに、「在宅で仕事ができる」という点が挙げられます。とくにWeb系であればフルリモートの案件も多いため、自宅にいながら働くことは十分可能です。

ただし、リモート案件のなかには、募集条件に「コアタイム」が決められているケースがあります。コアタイムは必ず業務しなければならない時間帯のことで、たとえば「14:00〜16:00」と指定されている場合は、その時間帯は必ず働くことが義務付けられています。

コアタイムの有無は案件によって異なりますが、副業の場合は時間が限定されるため、応募前に必ずチェックしておきましょう。

また、副業や時短勤務でも、「常駐案件」の場合はクライアントが指定するオフィスに出社する必要があるので、フルリモート案件を選ぶようにしましょう。

実績作りになる

副業でプログラミングの案件をこなしていくと、のちのち実績として有利に働くことがあります。副業案件の探し方はさまざまですが、多くの場合はフリーランスと同じ形で案件を探すことになります。

そのため、将来的にフリーランスエンジニアを目指したいと考えている人にとって、案件探しや獲得のコツ、実績の作り方など、副業から得られることは多いはずです。また、転職を検討する際にも、副業で開発に携わった実績があれば好印象を与えられるでしょう。

年齢に関係なく働ける

プログラミングを使った副業案件に年齢制限はありません。そのため何歳からでも始められますし、「やっぱり副業は大変だな」と思った場合は、プロジェクトに参画中でなければいつでも辞められます。

プログラミングの副業案件では、年齢よりも経験が重視される傾向にあります。万が一足りないスキルがあれば、副業しながら身につけていきましょう。

プログラミングを使った副業で稼ぐコツ4つ

一部ではプログラミングを使った副業は稼げないといわれますが、実際はそうではありません。もちろん最初は大変なこともあるかもしれませんが、しっかり取り組むことで稼げるようになっていきます。

ここでは、プログラミングを使った副業で稼ぐ時のコツを4つ紹介します。

コツ① 案件数の多いプログラミング言語を習得する

1つ目のコツは、これから新しいプログラミング言語を習得する際、案件数の多い言語を選ぶことです。

そもそも副業案件は、フルタイムの案件よりも全体的な件数が少ない傾向にあります。

その少ない案件のなかで、より多くの選択肢をもつためには「市場でよく使われているプログラミング言語」を選ぶことが重要です。

もしもすでにエンジニアとして働いているのであれば、新しく習得することで更にスキルアップできる言語がないかを考えてみるとよいでしょう。

コツ② 小さな案件からスタートする

2つ目のコツは、小さな案件から始めることです。

どの案件に応募するかはエンジニアの自由ですが、途中で投げ出すことがないように、必ず最後までやり遂げられるレベルの案件を選ばなければなりません。

すでに高いスキルをもったエンジニアであれば、最初から大規模なプロジェクトの案件に応募するのもよいでしょう。しかし、少しでもスキルに不安を感じるのであれば、小さな案件に取り組んで着実にスキルと実績を積んでいく方法がおすすめです。

コツ③ 案件に取り組みながらスキルを高める

3つ目のコツは、案件に取り組みながらスキルを高める意識を持つことです。

プログラミングの副業に取り組む際、「誰かが教えてくれるだろう」という気持ちは持たないようにしましょう。

プログラミングの副業案件の多くが業務委託契約もしくは請負契約となるため、クライアントとの雇用関係はありません。そのため、基本的には会社のように先輩や上司が教えてくれることはなく、わからないことがあれば自分で調べて解決する姿勢が求められます。

副業案件に取り組みながらたくさんのことを自己解決していくとスキルアップになり、さらに条件の良い案件が獲得できるようになるでしょう。

コツ④ フリーランスエージェントで案件を受注する

4つ目のコツは、フリーランスエージェントを使って副業案件を受注することです。

フリーランスエージェントには大企業やベンチャーなどの高単価案件が用意されていることも多く、個人やクラウドソーシングでは契約できないような案件に巡り合うこともできます。

また、多くのエージェントではエンジニア側は無料で利用できるため、「報酬から高い手数料が引かれる」ということもありません。エージェントの手数料に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

すでにエンジニアとして実績がある人はもちろん、これから実績を積みたいと考えている人にもおすすめです。

高単価なプログラミング副業案件を探すなら『Bizlink』

「プログラミングの副業案件で効率よく稼ぎたい」「将来につながる副業を始めたい」と考えている人には、Bizlinkがおすすめです。Bizlinkではさまざまなプログラミング言語の案件を扱っており、スキルに合わせた紹介が受けられます。

また、フロントエンドエンジニアやサーバーエンジニア、iOS・Androidエンジニア、SE、デザイナー、コンサルタントなどの幅広い職種の案件が探せます。専任のコンサルタントとキャリア相談しながら案件探しができるので、副業からフリーランスエンジニアになるための土台づくりをすることも可能です。

ぜひ以下のリンクから無料登録して案件をチェックしてみてください。

Bizlinkへの無料登録はこちらから

まとめ

多くの人が会社での収入だけでは将来に不安を感じているなか、「本業以外の時間を有効活用したい」と思う人は少なくありません。プログラミングを使った業務はリモートしやすいため副業案件も豊富なため、スキルや条件にあわせて案件を選んでみましょう。

また、プログラミング初心者から副業に取り組む際は、小さな案件からスタートして少しずつスキルと実績を積むのがおすすめです。スキルを高めつつ実績を積んだら、フリーランスエージェントの案件にもチャレンジしてみましょう。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts