フリーランスのセキュリティエンジニアに必要なスキル|案件獲得方法も紹介

セキュリティエンジニアとして働いていると「フリーランスとして独立したい」という気持ちが芽生えてくる人も多いのではないでしょうか?

もしくは、初心者の段階でフリーランスのセキュリティエンジニアを目指したいと考えている人もいるでしょう。とはいえセキュリティエンジニアと一口に言っても、その仕事内容はさまざまです。

そこで今回は、フリーランスのセキュリティエンジニアについて紹介します。将来性や必要なスキル、案件の獲得方法まで詳しく解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそもセキュリティエンジニアとは?

毎日あらゆる場所で起こっているサイバー犯罪。ネットワークやシステムが攻撃に合わないためには、セキュリティエンジニアの存在が欠かせません。

セキュリティエンジニアとは、その名前のとおり『セキュリティ』に特化した業務をおこなうエンジニアを指し、ネットワークやシステムの脆弱性を見つけたり対策を講じたりします。

また、セキュリティエンジニアはインフラエンジニアとの共通点も多く、スキルさえ身につければキャリアチェンジしやすい職種といえるでしょう。

仕事内容

セキュリティエンジニアの仕事内容は、いくつかのフェーズにわけられます。すでにセキュリティエンジニアとして働いている人もいるかもしれませんが、一度ここで仕事内容をおさらいしておきましょう。

【企画・提案】

クライアントのシステムにおいて必要なセキュリティを考えて「企画書」を作り、対策方法を提案します。

【設計・実装】

企画書に沿った内容で、セキュリティシステムの設計と実装をおこないます。ただ単にシステム強化を考えればよいのではなく、ネットワークの運用や管理なども含めた設計が求められます。システムを実装したら、脆弱性がないかテストをおこないます。

【運営・保守】

システムを常に最新の状態に保ち、安全に運用できるように必要なタイミングでアップデートを重ねます。万が一、障害がおこった場合は素早く正確な対応が求められます。

セキュリティエンジニアの将来性

企業や組織からのバックアップがないフリーランスは、将来性も考慮しておかなければなりません。たとえ自分自身が「フリーランスのセキュリティエンジニアになりたい!」と思っても、需要がなければ仕事にありつけなくなってしまいます。

ただ、セキュリティエンジニアに関していえば、需要や将来性に期待してもよいといえるでしょう。というのも、近年の急速なIT化および大規模なサイバー攻撃の被害事例などを受け、情報セキュリティの重要性を感じている企業が多いからです。

顧客管理や機密情報など、企業の存続に関わるような重要な情報が漏洩しないために、優秀なセキュリティエンジニアを雇いたいと思っている企業は少なくありません。

また、最近ではクラウド上でデータを管理・保管するのが一般的になっていることから、AWSのようなクラウドサービスに対応できるセキュリティエンジニアの需要も高まっています。

セキュリティエンジニアの平均年収

個人の能力によって差はありますが、正社員として働くセキュリティエンジニアの平均年収は596万円となっており、他の職種に比べてやや高い傾向にあります。

ただし、年齢や都道府県、スキルによって年収300万円台〜1,000万円台まで人によって異なるため、1つの目安として捉えてください。また、地域別で見ると、平均年収がもっとも高いのは東京都となっています。

(参考:セキュリティエンジニアの仕事の年収・時給・給料

フリーランスになると『各プロジェクトの単価』によって収入が変動します。以下で、フリーランスエージェントのBizlinkで掲載されている案件を一部紹介します。

  • データ分析系企業でのセキュリティ施策推進:80万円〜100万円/月
  • 大手カード会社でのセキュリティの運用業務の見直し:80〜130万円/月

どちらもフルリモート案件のため、オフィスへの出社は必要ありません。早速案件をチェックしてみたい方は、Bizlink案件検索ページで「セキュリティ」と入れてみてください。

フリーランスのセキュリティエンジニアに必要なスキル

エンジニアと聞くと、黙々とコンピューターに向かってプログラムを書いているイメージをもつ人も多いと思いますが、セキュリティエンジニアはそれだけではありません。

ネットワークやIT全般への幅広い知識が求められるのはもちろん、それ以外にもさまざまなスキルが必要となります。以下で、とくに必要なスキルを紹介していきます。

コミュニケーション能力

セキュリティエンジニアは、クライアントや社内のエンジニアと連携しながら業務を進めていきます。逆に、コミュニケーションが取れないと進められない業務もでてくるでしょう。

エンジニアのなかには「人とコミュニケーションを取るのが苦手」という方もいると思いますが、フリーランスのセキュリティエンジニアを目指すのであればコミュニケーション能力は必須スキルとなっています。

また、セキュリティ事故が起きた場合などは、理由や今後の対策の説明などの問い合わせ対応もしなければなりません。

洞察力・柔軟性

強固なセキュリティを築いて維持するためには、些細な部分にも気がつく洞察力が求められます。サイバー攻撃は日々進化し、巧妙になっているため、いつ・どんな方法で侵入されるかわかりません。常に想定外のことにも対応できるように目を光らせられる洞察力、そしてフレキシブルな考え方で対処する柔軟性も大切です。

責任感・モラル

セキュリティエンジニアの仕事は、企業の重要なシステムや情報を守ることです。企業の機密事項を口外したり、業務で使っているパソコンの管理を怠ったりすることで、一大事を招く可能性もあります。そのため、責任感やモラルをもって業務に取り組める人でなければなりません。

また、サイバーセキュリティやIT基本法などの法律の理解も必須です。法律関連は市場の変化とともに変更されるため、常に勉強してアップデートし続けましょう。

フリーランスのセキュリティエンジニアに役立つ資格

フリーランスのセキュリティエンジニアになるために、とくに必要な資格はありません。しかし、「持っておいて損はない」という資格はいくつかあります。

以下に、フリーランスのセキュリティエンジニアとして活躍するうえで、役立つ資格を3つ紹介します。

(※受験者の減少にともない、ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)は2019年に廃止となりました。)

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定は、「Ciscoシステムズ社」が実施しているネットワークの認定スキルです。認定試験のために勉強することで専門知識を深められ、ネットワークに関する知識と技術の証明になります。認定レベルはエントリー(入門レベル)から、エキスパート、アーキテクトなど5段階あります。

CompTIA Security+

CompTIA Security+とは、アメリカの非営利IT業界団体『CompTIA(コンプティア)』がおこなっている認定資格です。セキュリティに関する知識や技能の試験で、世界中で評価されている認定資格の1つです。セキュリティの基本や暗号化・認証・アクセス制御に関する知識、リスク管理に関する知識などが求められます。

情報処理安全確保支援士(SC)

もともとは「情報セキュリティスペシャリスト」として試験がおこなわれていましたが、2017年より情報処理安全確保支援士に変更されました。情報セキュリティのスペシャリストとして、高度かつ実践的な人材であることを示す国家資格です。

フリーランスのセキュリティエンジニアになるには?

フリーランスのセキュリティエンジニアになるには、まず実務経験が必要です。セキュリティエンジニアに必要な言語を学んだとしても、そのままスキルとして活かせるとは限りません。そのため1年以上は企業で勤めて、実務経験を積みましょう

また、インフラエンジニア・ネットワークエンジニア・システムエンジニアは、セキュリティエンジニアと共通する業務もあるため、キャリアチェンジしやすいと考えられます。そのため、現在これらのエンジニアとして働いている人も、「未経験可」の求人であれば採用される可能性が高いといえるでしょう。

もし未経験可の求人で採用されなかった場合は、卒業後に案件の紹介が受けられるプログラミングスクールを活用する方法もあります。フリーランスはスキルと実績が重要視されるため、まずは経験を積むことから始めていきましょう。

フリーランスのセキュリティエンジニアが案件を獲得する3つの方法

セキュリティエンジニアとして実務経験を積み、独立を視野に入れられる段階になれば、案件を探していきましょう。フリーランスは案件が獲得できなければ収入が得られないため、できれば独立前に受注できる案件の目処をつけるのが望ましいです。

副業可の企業で働いている人は、まず週1、2日から始められる案件を探すのもよいでしょう。近年流行りの週末フリーランスから始めると、「急に収入がゼロになる」という心配がいらず、余裕をもって土台を築くことができます。

フリーランスとしてセキュリティエンジニア案件を探す方法として、以下の3つを詳しく紹介します。

クラウドソーシング

もっとも手軽に案件を探せるのが、クラウドソーシングです。ご存知の方もいるかもしれませんが、有名なクラウドソーシングには『ランサーズ』や『クラウドワークス』などがあります。

求人サイトのように案件を探し、対応できそうなものがあれば応募します。応募したエンジニアのなかからクライアントが「この人に任せたい」と思う人を採用し、プロジェクトスタートとなります。クラウドソーシングは経験値が少ない人でも案件を獲得しやすい反面、単価が低いというデメリットがあります。

知り合いからの紹介

フリーランスエンジニアは、知人からの紹介で案件を獲得することも少なくありません。前職のクライアントから直接依頼を受けたり、退職元の企業から仕事を任されるケースもあります。

すでにスキルや実績を知ってくれている人の紹介であれば、ミスマッチが起きにくく、案件獲得もスムーズでしょう。ただし、前職とつながりがあるクライアントであれば元上司に相談するなど、トラブルにならないように注意が必要です。

また、すでにエンジニアとして働いている場合は、ブログやSNS、GitHubなどで情報発信しておくと、声がかかることもあります。

フリーランスエージェントを活用する

フリーランスとして独立し、「案件が獲得できない」と悩むエンジニアも多いです。これまで営業したことがない人が、自ら案件を獲得するのは思っているよりも難しいもの。

もし「フリーランスとしてやっていけるか不安」という思いが少しでもあるなら、エージェントを利用するのがおすすめです。フリーランスエージェントは、自分にマッチした案件を紹介してくれる便利なサービスです。

また、希望条件と合わない場合は企業に交渉してくれたり、契約の代行をおこなってくれたりと、個人で活動するフリーランスを全面的にサポートしてくれます。フリーランスエージェントはたくさんあるので、より条件にあう案件が探せそうなサービスを選びましょう。

セキュリティエンジニアの案件を探すならBizlink

これからフリーランスのセキュリティエンジニアを目指すなら、高単価報酬の案件を豊富に掲載しているBizlinkを活用するのがおすすめです。専任のコンサルタントがヒアリングをおこない、希望などをヒアリングします。

また、Bizlinkには『Bizlinker(ビズリンカー)』という経験豊富なエンジニアが在籍し、キャリア支援をおこなっています。プロジェクトに参画後もサポートが受けられるため、安心して将来のキャリアを考えることが可能です。

求人・案件を幅広く扱っているため、フルリモートや週2日、即日勤務可能など、さまざまな角度から理想の案件探しができるのも魅力。オンライン相談も可能なので、本業が忙しいエンジニアでも気軽に利用できます。フリーランスのセキュリティエンジニアとして案件を探したい人は、ぜひチェックしてみてください。

Bizlinkへ無料登録

まとめ

セキュリティエンジニアは、常に外部の攻撃からクライアントの既存システムを守らなければなりません。企業の重要な情報を守る重要な業務をおこなうため、「プログラミング言語が書ければ良い」という気持ちでセキュリティエンジニアになるのは難しいでしょう。

セキュリティエンジニアは決して簡単な職種ではないものの、高度なITスキルを身につけるには最適です。もしフリーランスのセキュリティエンジニアを目指すのであれば、まずは数年の実務経験を積み、フリーランスエージェンをうまく活用していくとよいでしょう。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts