山形県のエンジニア転職、Uターンや移住した場合の仕事探し・働き方をご紹介

山形県へのUターンやIターンを検討しているITエンジニアも多いのではないでしょうか?自然豊かな山形県は、近年移住者が増えている都市でもあり、密かに人気を集めています。

ITエンジニアの職種によっては、仕事ができる環境さえ整えれば「オフィスの近くに住む必要がない」というケースも少なくありません。

しかし、山形県へのU・Iターンでは、どのように仕事や住む場所を決めれば良いのかわからなくて悩む人もいると思います。そこで今回は、山形県へのUターン・Iターンにおける仕事探しや働き方について紹介します。

山形県の魅力とは?

全国9位と広い面積の山形県は、北から「庄内」「最上」「村山」「置賜」の4つの地域にわけられます。それぞれの地域では、方言や文化、食べ物などが少しずつ異なり、見所もたくさん。

特産品には山形県を代表するさくらんぼやメロン、スイカ、りんごなどの果物やお米、さらに日本最大和牛の1つ「米沢牛」などもあります。

2021年度、山形県へ移住した人は132組264人で前年に比べて2倍弱も増加。移住者が増えた理由としては、先輩移住者たちの体験談によるものも大きいとのことで、実際に住んでいる人からの「リアルな声」が山形県への移住を後押ししているようです。

(参考:山形への移住が増加中、目標は「幸せ」80% 体験談発信がカギに

そんな山形県で、「いい部屋ネット」を運営する大東建託がおこなった調査によると、住みここちランキングTop3は1位:東根市、2位:天童市、3位:山形市の結果に。

1位の東根市(ひがしねし)は、山形県内でも有数の果樹産地。山形空港や山形新幹線の「さくらんぼ東根駅」もあり交通の重要な地点として発展しています。また、2位の天童市は東根市と山形市に隣接しており、山形市のベッドタウンとして人気を集めています。

(参考:自治体ランキング<山形県版>

以下に、ランキングTop3それぞれの家賃相場を、部屋数ごとにわけてまとめました。

【1位:東根市】

  • 1DK~2DK:4万8600円
  • 2LDK~3DK:4万8800円

【2位:天童市】

  • 1R~1K:4万3900円
  • 1DK~2DK:4万7500円
  • 2LDK~3DK:5万6400円

【3位:山形市】

  • 1R~1K:3万8500円
  • 1DK~2DK:5万3900円
  • 2LDK~3DK:6万4600円
  • 3LDK~4DK:8万8800円

(参考:アットホーム

山形県の県庁所在地である山形市には、「西蔵王公園」や「西公園」などの大きな公園がいくつかあり、休みの日はリフレッシュしに足を伸ばすのもよいでしょう。また、山形県の各地域には無料の子育て支援施設が充実しており、子育て世代に優しい環境が揃っているのも魅力です。

山形県のITエンジニアの平均年収

次に、山形県のITエンジニアの平均年収について紹介していきます。以下の表は、政府が発表している賃金に関するデータから、山形県のシステムエンジニア(SE)とプログラマーの2つを抽出してまとめたものです。

平均年齢勤続年数労働時間平均月収平均賞与平均年収
システムエンジニア41.2歳15.3年186時間30万3300円89万2600円453万2200円
プログラマー38.2歳12.6年171時間26万8200円33万6200円355万4600円

(参考:e-Stat 賃金構造基本統計調査

同調査でのシステムエンジニアの全国平均年収は568万9000円となっており、453万2200円の山形県は平均値より低い傾向にあることがわかります。ただし、東京などの大都市に比べて山形県の家賃や物価は安い傾向にあり、暮らし方によってはゆとりをもった生活が送れるでしょう。

また、山形県の各市区では、移住する人に対して補助金や助成金の交付をおこなっています。そのなかには、上限1万円/月が最大24ヶ月支給される『家賃補助』事業などもあるため、積極的に利用して移住にかかる費用負担を軽減しましょう。

(参考:『家賃補助』事業のお知らせ

山形県に住みながら東京の案件で活躍!フリーランスエンジニアという選択肢

山形県への移住の際に「会社員として転職するか、フリーランスで独立するか」など幅広い選択肢を考えてみるのもよいでしょう。フリーランスエンジニアになれば、仕事時間や休日が自分でコントロールできるようになります。

好きな時に山形県の観光地を巡ったり旅行したりと、仕事を期日までにこなせば、休日をいつに設定しても問題ありません。ただし、フリーランスになると会社のように守ってくれる組織がなく、営業して自分で仕事を確保する必要があります。

大変なこともあるフリーランスエンジニアですが、近年ではリモート業務を増やしているIT系企業も多く、リモート案件が獲得できれば本社やオフィスから離れていても仕事ができるようになります。

なかでもフリーランスエージェントでは、大手企業の案件を豊富に持っているケースも多く、個人では契約できないような条件の良い求人が出ていることもあります。「より自由な暮らし方を目指したい」と考えている人は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

山形県でITエンジニアが仕事を探す方法

ここからは、山形県でITエンジニアの仕事探しとして、以下の3つの方法を紹介します。

  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • 職場の同僚や友人つながり

※データは2022年9月時点

求人サイト

もっとも手軽な仕事探しの方法として挙げられるのが、求人サイトの利用です。求人サイトは閲覧だけなら登録不要なことも多く、「すぐに移住しない」という場合でも時々チェックしておくと、どのような求人が出ているのかが把握できます。

以下に、山形県でITエンジニアの求人が掲載されている求人サイトを2つ紹介します。

リクナビNEXT・・リクナビNEXTには、組み込みエンジニアからITエンジニアまで、幅広い求人が登録されています。詳細ページでは、企業からのメッセージや社員インタビューなどの声が見れて、どのような会社なのかがわかりやすくまとめられています。

doda・・dodaでは、未経験者や経験の浅いITエンジニアの求人も豊富で、「都心で就職したけど、やはり地方へ移住したい」という場合にも利用しやすいサイトです。フルリモート求人も多数扱っており、クラウドやアプリ・ゲーム開発などに携わってみたい人にもおすすめです。

転職エージェント

移住と転職を同時におこなうのは、思っているよりもハードルが高いものです。とくに離れた土地での仕事探しは、現地の状況などがわかりづらく不安に思う人も多いでしょう。

そこで、希望に合わせて求人紹介をおこなってくれる、転職エージェントを活用するのもおすすめです。以下に山形県で転職支援をおこなっているエージェントを3つ紹介します。

CAREER-CRETE(キャリアクリエイト)・・CAREER-CRETEは、山形県で20年以上転職支援をおこなってきた実績のある転職エージェントです。1対1でしっかりと向き合ってくれて、気になる企業の情報を詳しく知ることができます。さらに自身のキャリアに合わせて、真剣に向き合うパートナーとして相談にのってくれます。

山形転職・・山形転職は、山形県を専門としている転職エージェントです。扱っているすべての企業に訪問しており、直接企業の話を聞いている求人のみが掲載されています。

希望に近い求人で条件面が難しい時は交渉してくれるので、より良い条件で働ける可能性が高まります。IT系の求人では、社内でSEや制御ソフトウェア開発、サイバーセキュリティの分析などがあり、公開されていない「非公開求人」も豊富に保有しているとのことです。

職場の同僚や友人つながり

ITエンジニアは、人づてに仕事や案件を紹介してもらえるケースも少なくありません。現在の職場で一緒に働いている人や、ITエンジニアの友人がいれば「山形県への移住を検討している」という話をしてみると、良い出会いに巡り会える可能性も。

とくにこれまで一緒に働いてきた仲間であれば、実績やスキルを把握しているため、ミスマッチを防ぎやすいというメリットがあります。また、最近ではSNSでプログラマーやエンジニア同士で繋がることも多く、SNS経由で案件の紹介が受けられる可能性もあるでしょう。

ただし、紹介された企業やクライアントと相性が悪い場合でも、断りづらいという一面もあるため安易に引き受けるのはやめた方が良いでしょう。

山形県のエンジニアコミュニティを紹介

ITエンジニアが最先端の技術情報をキャッチアップするのに最適な、エンジニアコミュニティ。新しいエンジニアとの出会いがあることから、人脈を広げることもできます。

実際のところ、山形県で活動しているエンジニアコミュニティはあまり多くありません。以下で、人工知能についてのコミュニティを2つと、地域創生を目指している事業を紹介します。

AIMY-山形県人工知能コミュニティー

AIMY-山形県人工知能コミュニティーは、山形県でAI(人工知能)に関する勉強や開発をしているコミュニティです。定期的に勉強会を開催し、学習方法を共有したり成果物の発表をおこなったりしています。

オフラインでは山形県南陽市熊野大社にある「icho cafe」を会場として活動していますが、現在(2022年9月)はGoogleMeetを使ったオンラインの勉強会が開催されています。

AIMY-山形県人工知能コミュニティーの詳細はこちら

JAWS-UG 山形支部

JAWS-UGは、AWSが提供するクラウドコンピューティングを利用している人を対象に、全国各地に支部を設けて勉強会やイベントを開催しているコミュニティです。クラウドサービスのなかで世界的に利用されていることから、日本でも導入している企業が増えています。

将来性の高いスキルであることから、興味のある人や知識を増やしたい人は、積極的に参加してみるとよいでしょう。開催頻度はあまり高くありませんが、AWSを使っている人との貴重なつながりができるかもしれません。

日本西海岸計画

エンジニアコミュニティではありませんが、山形県庄内地域ではIT産業を創出する「日本西海岸計画」というプロジェクトを設立し、IT産業技術の発展を目指しています。

「日本西海岸計画」は、株式会社チェンジ・ザ・ワールドと行政が一体となって取り組んでおり、『日本版シリコンバレー』を目指しているとのこと。

IT関連のレクチャーやハッカソンをはじめ、起業家の支援などもおこなっています。また、IT関連以外にも毎月さまざまなイベントをおこなっているため、参加しやすいのもポイントです。

日本西海岸計画の詳細はこちら

山形県に住みながらフリーランスエンジニアの案件を探すならBizlink

山形県への移住をきっかけに、「フリーランスエンジニアとして自由な働き方を目指したい」と考えるのであれば、フリーランスエージェントのBizlinkがおすすめです。

Bizlinkには、フロント・サーバーサイド・インフラ・アプリ開発のエンジニアを始め、ディレクター、マーケターなど幅広い職種の案件を扱っています。これまでのキャリアを活かして独立できるのはもちろん、以前からやってみたかったジャンルの案件に挑戦することも可能です。

専任のコンサルタントからスキルや条件に合わせた案件が受けられるため、将来を見据えた案件探しができるのも特徴。Bizlinkには高単価案件が豊富に揃っており、山形県に移住しても東京と同じ年収を得ることもできます。

登録や利用は無料です。非公開案件も豊富にご用意していますので、興味のある方はこちらよりご登録ください。

まとめ

山形県は海も山もあり、自然が近くて子育てしやすい地方です。市によっては大きな公園が点在しており、休日のリフレッシュに最適です。

移住前にしっかりと転職先を見つけておき、引越し後に「仕事がない……。」ということが起こらないようにしましょう。また、山形県では移住支援事業をおこなうなど、U・Iターンのサポートもおこなっています。山形県への移住を本格的に考えている人は、しっかりとリサーチしてから行動を起こしましょう。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts