山梨県のエンジニア転職、Uターンや移住した場合の仕事探し・働き方をご紹介

全国47都道府県のなかでも移住希望地域の上位に入る山梨県。UターンやIターンでの移住を検討している人も多いのではないでしょうか?

なかでも、離れた場所でも業務が進められるIT業界は、多くの企業でリモートワークが実施されています。リモートワークであれば、「必ずしもオフィスの近くに住まなければならない」ということはなく、自分の好きな地域への移住も容易になります。

そこで今回は、山梨県へのUターン・Iターンを希望するITエンジニアに向けて、仕事探しや働き方を紹介します。移住前にしっかりと情報収集しておきましょう!

山梨県の魅力とは?

本州の中央、中部地方の東部に位置する山梨県は、大部分が森林を占める自然豊かな地域です。中央自動車道やJR中央本線などの交通網が発達しているため都心へのアクセスも良好で、リニア中央新幹線が開通すれば東京まで約25分で行けるようになります。

県をまたぐ富士山や南アルプスなどの絶景が見れるスポットも数多くあり、果物やワイン、宝石などの産業も盛んです。

「認定NPO法人ふるさと回帰支援センター」がおこなった調査によると、2021年の移住希望地域ランキング第3位とのこと。全国的にみても人気の高い県であることがわかります。

(参考:2021年移住希望地域ランキング公開

また、県をあげて『二拠点企業経営』や『企業移転』を推進する動きもあり、起業や就職へのサポートも多方面からおこなっています。

そんな山梨県の居住者を対象におこなった調査によると、1位:中巨摩郡昭和町、2位:甲斐市、3位:南都留郡富士河口湖町がTop3との結果になっています。

1位の中巨摩郡昭和町は3年連続トップとなった街で、甲府昭和ICやイオンモールがなどがあり人口が増え続けている地域です。また、2位と3位の両地域は2年連続同じ順位となりました。

一方で県内の住みたい街トップは、県庁所在地の甲府市。山梨県のほぼ中央に位置しており、県でもっとも多い人口を誇っています。医療機関や子育て世代に対する助成金制度が整っているなど、他府県からの移住先として検討したい地域の1つといえるでしょう。

(参考:街の住みここち&住みたい街ランキング2022<山梨県版>

ここで、県庁所在地である甲府市と、住みここちランキング1位の中巨摩郡昭和町、2位の甲斐市の3つの家賃相場を紹介します。部屋数ごとに平均家賃をまとめたので、参考に検討してみてください。

【甲府市】

  • 1R~1K:3万8400円
  • 1DK~2DK:5万8500円
  • 2LDK~3DK:6万2600円
  • 3LDK~4DK:8万1400円

【中巨摩郡昭和町】

  • 1R~1K:4万0900円
  • 1DK~2DK:6万5800円
  • 2LDK~3DK:6万8200円
  • 3LDK~4DK:7万7200円

【甲斐市】

  • 1R~1K:4万2700円
  • 1DK~2DK:5万4200円
  • 2LDK~3DK:6万0200円
  • 3LDK~4DK:8万3900円

(参考:アットホーム

山梨県のITエンジニアの平均年収

次に、山梨県で働くITエンジニアの平均年収を紹介します。以下の表は、政府が発表している賃金に関するデータから、山梨県のシステムエンジニア(SE)とプログラマーのみを抜き出してまとめたものです。

平均年齢勤続年数労働時間平均月収平均賞与平均年収
システムエンジニア39.6歳8.4年170時間33万8500円56万6200円462万8200円
プログラマー33.2歳7.9年178時間27万8400円75万6100円409万6900円

(参考:e-Stat 賃金構造基本統計調査

こちらと同じ調査でのシステムエンジニアの全国平均年収は568万9000円となっているため、全国的に見ると低い傾向にあります。(ただし企業によって大幅に変わるため、1つの目安として捉えてください)

とはいえ、県の成長取り組みの一環としてITやICT関連の企業を誘致したり、IoT導入事業者には補助金を出したりとさまざまな支援策を講じているため、今後さらにIT技術者の雇用が増えると期待できるでしょう。

また、山梨県では「移住前の5年間に東京23区内に住んでいた人」や、「東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県に居住し、23区内に通勤していた人」を対象に移住支援金の交付をおこなっています。

さらに、「やまなし地域課題解決型起業支援金」の対象者でも、要件が合えば移住支援金との両方を受け取ることができます。なお、移住支援金は最大100万円で、指定のマッチングサイトに掲載されている求人へ就職した場合が対象となります。山梨県の移住支援金制度についてさらに詳しく知りたい人は、こちらからご確認ください。

山梨県に住みながら東京の案件で活躍!フリーランスエンジニアという選択肢

山梨県に住みつつ、「さらに自分らしい働き方がしたい」という憧れがあるエンジニアは、フリーランスを目指してみるのもよいでしょう。正社員として働くと収入面での安定は得られるものの、さまざまな制限が生まれてしまうのも事実です。

どのような働き方を目指すかによって仕事の探し方は変わりますが、フルリモート案件を獲得できれば収入の柱にすることができるため、フリーランスとして生活することは十分可能です。

この数年でリモートへ移行するIT系企業は増え、今後もリモートを継続するケースも少なくありません。これまでより地方移住へのハードルが下がっている今、東京に拠点を置く企業のリモート案件を山梨県で受注するという働き方を目指してみるのもよいのではないでしょうか。

フリーランスエンジニアに少しでも憧れている人は、こちらの記事も参考にしてください。

山梨県でITエンジニアが仕事を探す方法

ここからは、山梨県で仕事を探す方法として以下の3つを紹介します。

  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • 職場の同僚や友人つながり

生活費に余裕があれば移住後に転職先を探すこともできますが、よほどの理由がない限り、移住前に次の職場を見つけておく方が安心です。

それぞれの仕事探しの方法について、詳しくみていきましょう。

※データは2022年9月時点

求人サイト

まずは王道の求人サイトです。求人サイトならいますぐにでも転職活動が始められるため、移住を決めている人はもちろん、まだ迷っている人でも自分のペースで仕事が探せます。

以下に、山梨県のITエンジニア求人を豊富に掲載している求人サイトを2つ紹介します。

doda・・パーソナルキャリアが運営するdoda。「大手企業」や「週休二日」「未経験者歓迎」など、希望やスキルに合わせた仕事探しができます。フルリモート求人も掲載されているため、フリーランスの足がかりにするのもよいでしょう。甲府市の求人がもっとも多いため、甲府市への移住を検討している人におすすめです。

求人ボックス・・求人ボックスは、ネット上に掲載されている求人から、検索キーワードに関連する情報を一括で取得できる『求人に特化した検索エンジン』です。Web・ITコンサル・プロダクトマネージャーなど、幅広い職種や条件から検索できるため、希望条件を設定して探してみるとよいでしょう。

転職エージェント

「1人での転職活動に不安がある」というエンジニアにおすすめなのが、転職エージェントです。転職エージェントではスキルや希望に合わせた求人紹介をしており、希望年収や条件、キャリアアップを見据えた転職活動が可能です。

また、地域密着型の転職エージェントでは、仕事以外の相談やサポートをおこなっていることもめずらしくありません。仕事探しをしつつ移住先の地域についての情報を集めたい人は、転職エージェントもチェックしておきましょう。

カツヤク!・・山梨県専門の転職エージェントです。大手転職エージェントに比べると、求人数は少ない印象ですが、キャリアアドバイザーは全員山梨県出身のため、地域への深い理解でサポートが受けられます。独自開発した「適職相性診断」を使って棚卸しをしてくれるのもポイント。就業後まで見据えた転職活動がおこなえるでしょう。

トロッカ・・こちらも求人数はあまり多いとはいえませんが、UターンやIターンにも力を入れている地域密着型の転職エージェントです。地元企業とのパイプを生かし、幅広い業種での転職活動を支援しています。ITエンジニアでは、ソフトウェア開発やWebデザインなどの求人が掲載されています。

職場の同僚や友人つながり

もし周りに山梨県出身のエンジニアや、現在の職場で山梨県とのつながりがあるクライアントがいれば、それとなく声をかけてみるのもよいかもしれません。IT業界は人脈で仕事を獲得するケースもめずらしくなく、優秀な人材であれば自然と声がかかることも。

そのため山梨県に詳しい人がいなくても、「移住を検討している」と伝えておくだけでチャンスが巡ってくることもあるでしょう。ただし、紹介の場合は単価交渉しづらかったり、断りづらかったりすることもあるので、声をかけるときは慎重に相手を選ぶ方がよいかもしれません。

山梨県のエンジニアコミュニティを紹介

新しい土地でエンジニアのつながりを作るなら、エンジニアコミュニティが最適です。とはいえ、実際のところ山梨県で活動しているエンジニアコミュニティは、全国的にみてもかなり少ないようです。

以下に山梨県で開催しているもくもく会のコミュニティと、山梨DX推進支援コミュニティの2つを紹介します。

富士もくもく会

富士山周辺で、Discordを使用したもくもく会を開催しているコミュニティです。作業内容はプログラミング以外でもOK。最後に成果発表とLTをおこないます。新型コロナウィルスの影響からオンライン開催がメインとなっていますが、オフラインとの同時開催をおこなう回もあるようです。

富士もくもく会の詳細はこちら

やまなしDXエンジン

やまなしDXエンジンは、DX推進にチャレンジしたい県内企業に向けたポータルサイトです。無料で専門家に相談できたり、セミナーの開催情報を掲載したりしています。企業向けサイトのため、個人での利用向けではありませんが、起業を見据えている人や県内企業のDXの最新情報を知りたい人はチェックしておくとよいでしょう。

やまなしDXエンジンの詳細はこちら

山梨県に住みながらフリーランスエンジニアの案件を探すならBizlink

山梨県への移住の際、フリーランスを目指してみようと考えているエンジニアは、高単価案件を豊富に扱っている『Bizlink』を利用するのがおすすめです。

Bizlinkはフリーランスエンジニアに特化したエージェントで、登録・面談をおこなうことで希望条件にマッチした案件紹介が受けられます。専任のコンサルタントにこれからのキャリアについて相談しながら案件が探せるため、「今までよりも年収をあげたい」という目標を目指すことも可能です。

フリーランスになり、営業がうまくいかず案件獲得に苦労している人は少なくありません。しかし、Bizlinkに登録しておけば希望の求人紹介が受けられるだけでなく、1つのプロジェクトが終わる前に次の案件探しができるため、継続して収入を得られるようになります。

また、フリーランスになると欠かせない確定申告などの税金面についても、IT協会との連携によるサポートが受けられます。「フリーランスには不安がある」「案件を獲得し続ける自信がない」という人は、ぜひBizlinkに登録してコンサルタントに相談してみてください。

無料登録はこちらから

まとめ

日本一の富士山と接する山梨県は、移住先として人気の高い県の1つで、都心部へのアクセスも良好。UターンやIターン支援、子育て支援など、各方面での手厚いサポートが受けられるのも魅力といえます。

特別「IT業界に強い県」というわけではありませんが、県をあげてDX推進の動きもあり、将来的にさらにITに関連する企業が増える期待ができます。

とはいえ、IT系企業への求人も多数あるので、転職・独立のどちらを目指すとしてもエージェントなどをうまく活用して、収入面での不安をなくしておきましょう。

Follow me!

フリーランスの皆様こんな悩みありませんか?

  • 今後の自分のキャリアに悩んでいる
  • 自分の市場での価値を上げてみたい
  • 独立できるか正直不安だ…

こんなお悩みはBizlinkで解決しましょう!

関連記事Related posts